FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

初DVDリリース 

TEAM-NACSの第10回公演「LOOSER」がDVDになるとか。

Amazonで予約すると2割引で買えるので即注文、手数料込み3,541円也。

 

…で、どうやら手数料無料キャンペーン終了翌日から、

今まで260円だった手数料が198円へ値下がりしたとか。

 

ついでに、ビクターが現在行っている

「ビクター ナイス・プライズ2004」にて、目ぼしい商品をチェック。*1

 

割と昔の作品が多い中で、19*2の作品も混じっているのが良い。

他にもTheピーズなど、通好みのラインナップも。

DVDには子供ばんどや頭脳警察なんかも混じっていて凄い。

 

とりあえず、上の手数料の事もあるので、

19の「19 VIDEO CLIPS 1→9」を注文、手数料込み1,999円也。*3

 

気になる方はチェックしてみては?

*1:名作CDが1,500~2,000円、DVDが2,000~2,500円にて再販。

*2:誤爆の関係もあるのでキーワード登録できない雰囲気、残念。

*3:割引で199円引かれてそこに送料が入るとこの値段になる。

Category: 紹介

tb 0 : cm 0   

いつもすまんねぇ 

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20040919ig90.htm

9月20日付 読売社説(1)

前2日に比べると若干大人しいですけれども、気になる文はあるわけで。

(以下、9月20日付読売社説(1)より抜粋)

 中途半端なシーズンの終わり方は、ファンの野球熱を冷ましてしまう。不毛なストの代償は、極めて大きい。

不毛とは、このストは無意味なものだという事なのでしょうか?

裏を返せば「方針を変えるつもりはない」という事?

既に2試合分の損失を受けているのにこの姿勢はいかがなものか。

 根来氏は、新規球団参入については、きちんとした審査の仕組み、ルールを確立することが先決で、事務的にも来季からは難しい、との見解を示している。

新規参入の〆切は11月30日だそうで、審査は30日程度で出来るらしい。

…フツーに間に合います、2ヵ月半もあるわけですからね。

これだけ余裕があるのに「事務的に難しい」という見解は一体…。

 

あと、阪神の球団社長が説得を開始したらしいですねぇ…期待大。

 プロ野球の将来論議に関しては、「ストには何の利益もない」とする一方で、「選手、球団、ファンが三位一体となって話し合い、少しでも前進した方が効果がある」と言う。経営側にも、一層の話し合いの姿勢を求めたものだ。

他の新聞社の社説ならいいけれど、読売がこう言っても説得力が…。

 ストはだれにとってもマイナスでしかないことは、この二日間で、はっきりした。あとは着地点を探る作業だ。今度こそ、スト中止の決着を望みたい。

「望みたい」って言ってる時点で相手任せの匂いがプンプンと…。

これは私の思い違いですか、それとも…?

 

ホントに、ここに来てくださっている方、スイマセンねぇ、

ここ最近、こんな感じのものばっかりで…、どうしてもこうなっちゃって…。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

ポンコツ度チェッカー 

http://www1.linkclub.or.jp/~myke/game/check/poncheck.html

ポンコツ度チェッカー

あなたは

9927.345ポンコツです。

 

貴方は相当にポンコツです。

貴方がポンコツだということは既に公然の事実のようですが、ひょっとしたら貴方はそのことに気が付いていないかもしれません。

周囲の状況を的確に把握して行動をしないと、貴方の評判は完全に失墜してしまうでしょう。

まずは自分の置かれた立場を理解することから始めてはいかがでしょうか。

事態が好転するかもしれませんよ?

…だそうです、まぁ、実際そうですし。

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

単体VS複数 

先日、プロ野球界初のストが決行されたわけですが、

そのタイミングにあわせたかどうかはわかりませんが、

各新聞社が一斉に社説を公開した模様…これは凄い。

http://blog.melma.com/00089025/20040919000156

The Trembling of the Leaf:短距離遁走(2004年9月19日分)

こちらのblog様の9月19日の記事で各社の社説まで一気に行けます。

 

しかしまぁ、こうして見てみると…完全に孤立してますねぇ。

<選手会側についている(と思われる)社説>

朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞、

中日新聞、北海道新聞、河北新報、神戸新聞、中国新聞

<経営者側についている(多分間違いない)社説>

読売新聞

完全に読売だけ孤立してます、方向性も完全に違う。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20040918ig90.htm

9月19日付 読売社説(1)

先日に引き続いてとんでもない社説が飛び出してるようです。

ん~、やっぱり巨人ファン辞めるって言って正解かもね。

選手会側になんとしてでも"悪い"イメージをつけようとして、

今現在起こっている事や世論を全く認めようとしない体制。

 

相当な状態ですよね、これって。

(以下、9月19日付 読売社説(1)より抜粋)

 「来季から(球団を)増やす」「最大限努力する」。この文言を選手会は合意文書に入れたがった。

  経営側は、これでは来季に十二球団の態勢で臨むことが前提となってしまい、「新規参入球団の公正な審査にタガをはめてしまう」と、受け入れなかった。

 この点を「かたくなだ」として、ストの責任を経営側に転嫁する声がある。そうだろうか。

間違いなくそうですね、「かたくな」な姿勢ですね。

「最大限努力する」と言いながらあんな行動されちゃあねぇ。

 選手会の希望で“密室”の中、続けられた交渉は、時間切れ寸前に一度合意に近づいた。新規参入について「最大限誠意をもって審査する」という妥協案だった。だが、「二〇〇五年」の挿入にこだわる選手会の弁護士と一握りの選手によって、議論は振り出しに戻った。

…あれっ、たしか延長になったのは球団側からって聞いたような…。

 

誠意を持って審査するのなら、何故2005年ではいけないのか。

これは多分、誰もが思ってることなんじゃないでしょうかね。

 選手一人一人に聞いてみたい。来季、絶対にパが六球団でないとダメなのか。それが実現しない限り、ストを続けるつもりなのか、と。

6球団じゃないとダメだと思うからストをやっているわけだし、

こんなものは聞くまでもなくわかると思うんですけどねぇ。

 交渉の後、横浜の三浦大輔選手が言っていた。「子供たちが将来、野球をやりたいと思うようにしていかないと」。同感だ。プロ選手が実現した夢を、野球少年たちにも追いかけてほしい。

 だからこそ、試合を拒む選手の背中など、子供たちに見せたくないのだ。

同感だと思うのなら何故誠意を尽くさない、何故努力をしない。

「試合を拒む選手の背中など見せたくない」というのなら、

経営者側のわがままにも程があるあの態度は見せてもいいのか?

それこそ子供たちに見せてはいけないとんでもないシロモノだと思うけど。

 

まぁ、記事の下のほうには無断転載禁止ってなってますが、

既に全文引用しているツワモノもいるので…まぁ、いいか。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

昨日は寝てしまっていて… 

CX「すぽると!」が凄かったらしい。

http://banraidou.seesaa.net/article/620725.html

万来堂日記:古田の男泣き(2004年9月18日)

まぁ、100%の賛成というのはさすがに有り得ないですけれども、

それでも360,000対16,000というのは圧倒的ですね。

 

皆言ってます、私もそう思います。

古田会長、あなたは偉大な人です。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

つける薬も無い 

http://on-the-way.org/archives/000244.html

On The Road:今日の読売新聞社説

自分の応援している球団の親会社が傍若無人なのは百も承知ですが、

こちらで紹介されている社説には、まさにそれを表したようなものに。

 

とりあえず…これを読んで自分なりにコメントしてみる。

…ホントはこんな下らない社説なんて見たくもないんだけど。

 

あちら様は、

みなさんがこの「新聞」を買わなくても済むように、ここに全文転載することにしました。

On The Road「今日の読売新聞社説」より抜粋

と言っておりますので、ちょっと乗っかってみようかなと。

(以降、On The Road「今日の読売新聞社説」より抜粋)

 

 プロ野球の選手会は「スト決行」を決めた。プロ野球史上、初めての事態だ。試合を楽しみにしているファンへの裏切り行為である。

たしかに試合を楽しみにしているファンは残念がるだろうが、

今まで散々ファンを裏切ってきた側の人が言える言葉だろうか?

どう考えても、自分たちの事を棚に上げて発言してるようにしか見えない。

 中立的立場にいたコミッショナーが、最終局面で出した調停案も、結果的に選手会に踏みにじられた。コミッショナーは「ストに入れば球団がさらに疲弊し、解散、倒産に至ることもあり得る」と警告していた。

これは単に根来コミッショナーの居場所が無かっただけかもしれない。

きちんとした権限を与えられているコミッショナーが、

それをまともに行使する事も無く辞めていったのは…どうだ?

 

それに、「ストに~」のくだりに関してだけれども、

もしストに入らなかったとしても、今のやり方を続けるのであれば、

いずれはまた同じ事の繰り返しになるだろうし、

そうなった時には本当にプロ野球界は終わりを告げるのでは?

 

やはりここでストを起こす方が、結果的にはいいと思う。

 今後、ストの違法性が議論されることになるだろう。試合の中止で経営側は相当の損失を被る。経営側も、当然賠償請求を検討している。

一応、彼らは労組として認められているらしいから、

ストを起こすという行為は違法でも何でもないんじゃないだろうか。

賠償請求…くだらない、返り討ちにあう可能性だってあるのに。

 野球界が今後、「労使対決」のイメージに染まってしまうことを恐れる。選手会か、ストの「引き際」を心得ていると信じたい。

選手会はもっともな事を行っているにすぎないと思う、

引き際を心得る必要があるのは自分達という事に、果たして気付くだろうか。

 ファンの期待を思えば、正常なペナントレースに戻す努力を選手会、経営側双方までぎりぎりまで続けるべきだろう。スト中止もまた英断である。

スト中止のどこが英断なのか、私にはさっぱり理解できない。

中止にしてしまったら経営側の思うつぼだと思うのですが…。

 

なんというか…これほどまでに偏りまくった記事は見たことがない。

うちは読売新聞はとっていないけれど、いつもこんな感じなの?

 

 

 

今日の事で、踏ん切りが付きました。

 

 

 

私、巨人ファン辞めます、本気で。

 

 

 

だってそうでしょ、こんなもの見せられてついて行けるはずないもん。

 

幸い、ここ北海道には北海道日本ハムがあることだし、

これを期に乗り換えちゃおうかな~…なんて、考えてます。

 

いや、マジで。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

好転の兆し、暗黒への道標 

今まで散々ユーザーを蔑ろにしていた2つの業界の動きが、

ここにきて正反対の方向に向かっているような気がしてならない。

 

プロ野球業界はもう説明しなくてもわかると思うが、

球団が数ある選択の中でも最低最悪のモノをごり押ししつづけた結果、

選手会やファンからそっぽを向かれてしまったという状況。

 

一方、音楽業界では9月17日、驚きのニュースが舞い込んだ。

ここでも紹介したように、avexがCCCD導入を弾力化したのだ。

 

avex側の言い分は「それなりの結果が出た」などがあるが、

この"それなりの結果"が何なのかはよくわからない。

そしてこの程、このニュースに関する続報が流れた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/it/solution/news/20040917org00m300103000c.html

エイベックスCCCDの採用を弾力化へ、

ソニーミュージックも追従の方向(毎日新聞)

独自規格「LGCD(レーベルゲートCD)」で突き進んでいた

ソニー系列も、このavexの決定に追従するというのだ。

 

文面では両社とも「違法コピーが減った」と言ってますが、

それは別にCCCDの効果うんぬんではなくて、

単純に「リスクが大きくなった」からなんじゃないかなと。

Winnyの作者があんな感じになっちゃいましたし。

 

まぁ、なんにせよ、これによっていい方向に進めばいいかなと。

 

 

 

…あれっ、東芝は?

不安だ…、du-ubの事もあったし。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

アッパーとダウナー 

とりあえず、以前注文していたCDが届く。

Gorie with Jasmine&Joann「Mickey」(通常)¥1,500-

七尾旅人「およそこの宇宙に存在する万物全てが【うた】であることの最初の証明」¥1,575-

七尾旅人名義のCDを買うのは、実は初めてだったのですが、*1

唯一無二のあまりにも独特すぎる世界にすっかり吸い込まれてしまいました。

 

DVD…まだ見てない。(汗)

*1:持ってるCDは石野卓球feat.七尾旅人「ラストシーン」のみ。

Category: 紹介

tb 0 : cm 0   

結果は見えていた? 

まぁ…合併ありきで話を持ってきてる時点で、

スト突入は避けられないなと思ってたけどね。

合併凍結無しの上に新規参入も2006年からってねぇ、

それでスト回避に務めるなんてちゃんちゃらおかしいよ。

こんなんで選手会が納得すると思ってたんだろうか?

 

私が思うに、やっぱりここでストライキを起こしてみるのも手だと思う。

これがどういう影響を与えるのかはやってみなければわからないけど、

少なからず、何かしら変わってくるんじゃないかと。

 

今、球団側のコメント流れてるけれども…ねぇ、

この状態じゃあ、どんなコメントしても疑わしく思えてくる。

ファンの方々に申し訳ないのなら、遺憾だと思うのなら、

何故その前に手を打たなかった、何故買収を断ったんだ。

いい方向に進む道はいくつもあったはずだ…何故選ばなかった。

 

古田会長…あんたはようやった…あんたは漢だよ…。

これだけの多忙なスケジュールをこなし、

なおかつ試合でも見事な結果を残し…凄いよ。

 

 

 

とにかく、話し合いお疲れ様でした。

 

 

 

私は…選手会を支持します、ストライキも支持します。

一度やってみたほうがいいんです、それがどう転ぶかは別として。

 

 

 

 

 

経営者なんて…○○○。

Category: スポーツ

tb 0 : cm 0   

入れるのも止めるのも 

http://www.avex.co.jp/j_site/press/2005/press040917.html

エイベックス、CCCDの採用を弾力化

これはなんだかすごい事になってきたようだ。

今まで一律CCCDだったエイベックスがここに来てこの説明、

やはりこれもあの御家騒動が生んだ副産物なのでしょうか。

個人的には好きなアーティスト*1のCDが

ノーマルな形で出ることにかなりの期待を寄せているのですが。

 

こうなってくると、当然気になるのは他社の動き。

お得意の独自規格で突っ走るソニー系列や、

バカの一つ覚えのようにCCCDを乱発する東芝EMIは動くのか。

 

それに文中ではiPodなどのHDDミュージックプレーヤーについて触れてます。

一応、表向きではCCCDはコピー出来ないとなってますから、

今回のこれによってちょっとは歩み寄りが出来たのでは…?

 

SACDやDVD-AUDIOなんかにも手を出すらしい。

個人的にはSACDをどのようにして導入していくか…見物。

*1:V6や東京プリンなど。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

これがプログといふものか 

フラフラしてたら偶然こんなものを。

http://blog.goo.ne.jp/pulog/

東京プリン・伊藤洋介の"プ"ログ

あらら、右プリンもblogやってたのねと。

銀杏の峯田氏や大川興業の名刀長塚氏もやってたけど、

ここの場合は右プリンのblogだから「プログ」と。

 

もう41歳か…。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

ニュースでググる 

Googleのニュース検索で「CCCD」を検索してみた。

音楽情報blog「いかんともしがたい」で取り上げられた時は、

ITmediaの記事3件のみで、あまつさえ「CCD」に直されたという結果。

 

あれからちょっとしか経ってませんけれども、

その後どうなっているかなと思い検索してみると、

今日(9月16日)時点で引っかかるのは5件、あまり増えていません。

<どれぐらい?>

ITmedia - 4件(前回比+1件)

nikkeibp.jp - 1件(前回比+1件)

ちなみに、nikkeibp.jpの記事というのがこちら。

http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/flash/329939

柔らかいデジタル 第19回~創造の芽摘む、コピーワンスの悪夢 

いきなり最初の行から、なんとも怖い文章が。

このまま行けば、2011年には視聴者は天から降ってくる番組をありがたくおしいただきながらただおとなしく座って視聴するしかない不自由な環境を押し付けられることになりそうだ。

「創造の芽摘む、コピーワンスの悪夢」より抜粋

2011年といえば、地上波のデジタル化が完了するらしい年ですが、

それによってコピーが強化されて録画なんかが不便になるのではという、

視聴者にとって好ましくない状況になってしまうかもしれないと。

 

利用方法を片っ端から制限してるようにもとられてしまう…というか、

間違いなくそうとしか思えないようなやり方だと思いますね。

 

ある意味では、創造性を必要とされるテレビ業界が、

その創造性を自らの手でぶっ潰しているような変な矛盾にも見える。

 

やっぱりこうして見ると、業界のお上の方々というのは、

否応にしてお堅い頭になってるんだと痛感してしまう。

 

これがこの先どうなるのか…注意していかないと。

Category: テレビ(全般)

tb 0 : cm 0   

獲っちゃった 

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/sep/o20040913_40.htm

ゴリエのデビュー曲 初登場1位

まさかとは思っていたけど、ホントに1位獲っちゃった。

 

9月8日に発売されたゴリエの「Mickey」は、

CD+DVDの通常盤*1と、初回特典がついた限定盤*2の2種類あるのですが、

発売5日前ぐらいの時点でAmazonでは限定盤が在庫切れになったので、

かなりのハイペースだったのではないでしょうか。

 

ちなみに、初回盤にはハワイツアーの申し込みハガキと、

オリジナルパンティー(キツネのぬいぐるみ付き)*3が入ってるらしいです。

*1:¥1,575

*2:¥2,625

*3:しかも股間の部分。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

食べ物で遊んではいけません(by良純) 

NTV「ブラックバラエティ」、

今週の学習テーマは「カット野菜を作る機械」でした。

 

刺身のツマ*1を作るあの機械、驚きました。

細くカットするだけではなく、全て繋がっているというのがすごい。

 

スタジオでは実際にツマを作ってみる事に…って、

おいおい、あなた達、食べ物で遊んではいけませんよ。

 

そして石原良純、あなたも他の3人に遊ばれてはいけませんよ。

*1:細ーい大根のアレ。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

今日の笑点 

NTV「笑点」、今日はどうしても見たい人が出演する。

ベテラン漫談師の"ローカル岡"氏がそう。

 

以前、同局の「いろもん」に出演した時以来、

久しく見ていなかったベテランの出演という事で、

ここ最近見ていなかった「笑点」、見てみました。

 

さすがです、茨城訛りで身の回りの状態にツッコミをいれる、

ベテランならではの落ち着いたネタ運び…最高です。

 

来週は一転して若手・笑い飯が出演との事。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0