01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

ぽーつます 

今日はCX「音箱登龍門」に装置メガネが出演する訳ですが、

あの番組は関東ローカルなので、当然の如く、見ることが出来ません。

そんな訳で、ボーっとCX「お笑い登龍門」を見てました。

<2月28日の出演者>

東京ダイナマイト 猫ひろし 三拍子

なんというか…いつもより数段濃いメンツだこと。

猫ひろし、一応昔話ネタだったのだと思うけれども、

実際にやってる事は普段と全く一緒、あぁ、やっぱりいつもの猫だ。

スポンサーサイト

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

私はディスるという意味をよく知らない 

http://www.cinra.net/column/abe/050205.html

阿部俊介「だから私はディスらない」(2005年2月5日掲載)

たま「セレクション」*1を購入してからというもの、

たま関連のサイトをいくつも見て回っているのですが、

その中でこういった記事に辿り着きました。

 

私も、上記の記事で取り上げられている作品を持っているのですが、

まぁ…大体そんな感じの事は言っていたような気もします。

 

こういった類いの話は、人によって受け取り方が全然違ったりしますので、

ちょっとここでその部分を引っ張り出して読んでいただこうかと。

 

あの作品はマンガですが文字量がかなり多いので、

文章の引用でも…結構濃いものになると思いますけど。

 わしんとこの会社(よしりん企画)には有線をひいている さいきんしょっちゅうかかるのが「たま」と「ちびまる子」だ まったくイヤんなっちまう

 昔から「泳げ!たいやきくん」とか「黒ネコのタンゴ」とか 童謡くさいやつ きらいだったが こーゆーのって曲も詩も単純でくっきり聞こえるから覚えたくもないのに覚えてしまう

 せっかくタテノリ・ロックが若いモンをトースイさせてアーパー状態まで高めていったったのに…わしはこの先どーなっていくのか期待してたのに…とつぜん横からタテノリに水ぶっかけるように登場した「たま」 覚めてしまったタテノリ…

童謡だからもちろん子供にはウケる OLがまたカッワイ~とか言いながらすぐウケる その上、年よりの文化人までこれならわかるらしくてやたらほめる 世紀末のヒーローだとか日本のビートルズだとまで評価しとるやつがおる――――――。

それほどのもんかいな~~~~?

 わしは「たま」はゲゲゲの鬼太郎であって墓場の鬼太郎ではない!…と思っとる 墓場の鬼太郎には不気味でドロドロした妖気がたちこめていてその毒はかんたんに企業がとびついてこれない強力なパワーがあった しかしこれがゲゲゲの鬼太郎になるといっきに毒がうすめられ かわいさを前面に出してよい子の健全さでコビてくるよーになったから 企業も消費しやすくなってしまうのである

デビューするや否やでたちまち企業がついてお茶の間の人気者の「たま」は不気味なよーで健全 毒がありそうで安全 実に売れすじのみごとなバンドなのである!

 しかし わしは音楽性は別にして「たま」のキャラクターは気に入っている。 今後 知久くんはもっと首の筋をひきつらせて白目むいて歌うべきだし アワをふいたりハナクソほじったりしてほしい 石川くんは上半身ハダカ パンツ一丁でハラ出してタイコ腹たたいて もっとそこら中どすどす走りまわってお客さんの頭なんかボカボカなぐって踊り狂ってほしい! そしてタテノリをぶっとばすほどの反逆的でおんねんに満ちた歌をやってほしい

「たま」もっと行け! 「たま」がんばれ! 「たま」じじいと女は切りすてろ! 「たま」若さだぜ! 「たま」ガンガンやれー!

(小林よしのり「ゴーマニズム宣言」第1巻「"たま"には腰くだけ状態」より)

成り行き上、全文になってしまいました。ホントに長かった。

 

時期的には爆発的に売れた直後だとは思います、というか、

そういったメディアでたまを扱っていたのはその時期しかないのですが。

 

実際の所、爆発的に売れてしまった人々…「たま」もその中に入りますが、

そういった人々は、とにかく色々と周りから言われるわけですよ。

今現在で言うと…波田陽区とかヒロシとか、あそこら辺になるわけで、

波田陽区なんかは、本人がネタにするほど既にかなり色々と言われてます。

ハロプロファンに狙われているとか、そんな感じのことを。

 

結局、この「たま」の件に関しても、そういった所から発生して、

小林先生は色々と言ってきた中の一人だったに過ぎないのではないでしょうか。

 

一応、キャラクターに関しては気に入ってたらしいですが、小林先生。

*1:たま解散直前にリリースされた編集盤。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

あと1本 

「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ Vol.6」¥4,872-

Category: 紹介

tb 0 : cm 0   

ファンド喋る 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/trust.html?d=26mainichiF0226m153&cat=2&typ=t

<ニッポン放送株>村上ファンドが新株予約権発行を批判 (毎日新聞)

あのフジテレビの策に関しては、最初に聞いた時から、

「なんだか胡散臭いような…」とかは思ってましたけど、

やっぱりこういう風に批判されてしまった訳ですね。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

タイミング悪い? 

http://www.7andy.jp/cd/detail?accd=R0112108

琉球から~息子へ(うるまから~あいつへ) (セブンアンドワイ)

「PAPA・辺土名」、誰かと思えばDA PUMP・ISSAの父。

このネーミングセンスはかなりのモンだと個人的には思います。

さすが、自分の子供全員の名前に「茶」の文字を入れただけあると。*1

*1:茶美、一茶、二茶。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

ハート7個 

1年近く放置しっぱなしだった「ゼルダの伝説 風のタクト」、

昨日、久しぶりにやってみようと思ってプレイしたら、

中抜けなども含めて22時間も経ってた。

まぁ、おかげで随分と先に進みましたけども。

 

それにしても、海、広いね。

当時の攻略記事なんかでも広いとか言われてましたけど、

実際に体験してみたら予想以上に広いね。

 

批評では「海が広すぎる」とかも言われてたんですけど、

でも、海って、そういうもんじゃん。

広くない海はもはや海ではないわけだし、それがあるから、

一本の筋の通ったストーリーの中であれだけの自由度があるのでは。

現に、海図書いてもらったり、ハートのかけら集めたりで、

先に進むにつれて進行速度がどんどん遅くなってきてますし。

 

見張り台に登ってルピー奪ったり。*1

 

とりあえず…そろそろ進めてみようか。

*1:1回で大体10~25ルピーぐらい手に入る。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

1週間の間に買った物その2 

たま「セレクション」¥1,901-

吉崎観音「ケロロ軍曹(10)初回限定版」¥1,785-

Category: 紹介

tb 0 : cm 0   

1週間の間に買った物その1 

solamo-lens360°(そらもレンズ)「大きな空 小さな世界」¥2,100-

波田陽区「ギター侍のうた弐」¥1,890-

GB「カードヒーロー」¥300-

GB「ロボットポンコッツ(MOON VERSION)」¥300-

GBC「笑う犬の冒険GB」¥500-

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

freshmans. 

実に1週間ぶりにインターネットへの接続をしました。

この間に私の身の回りでは、それはそれは大変な事が続きました。

これに関しては、ここで言及してしまうのはあまりにも不謹慎なので、

あまり触れることはないと思います、重大な事なので。

 

大変な事の間に、私は19歳を迎えました。

とうとう10代でいられるのも1年を切った訳ですが、

10代が終わる頃には…一体どうなっているんでしょうかねぇ…。

 

とりあえず今日は、その1週間の間にあったことでも、

ちょろっとまとめておきましょうか…、話題に乗り遅れるので。

Category: 報告(Web更新・その他)

tb 0 : cm 0   

鍔迫り合いしてました 

http://www.barks.jp/news/?id=1000005508&m=jpop

13歳のスーパー中学生、上原奈美が歌手デビュー!(BARKS)

この写真を見ていると、かつてTBS「ブリンぶりん家」で

青木さやかと壮絶な鍔迫り合いをしてた人と同一人物とは思えない。

押しの強さはたしかにあの頃からあったけれども…。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

物凄くわかりやすい志望 

http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_02/g2005021502.html

ブラザートム4月から大学生…社会人枠で合格(ZAKZAK)

「駒沢短期大学仏教科第2部」に合格したとの事ですが、

ここを志望した理由が"自宅が近いから"…、凄い単純です。

 

40代になって大学生になる芸能人って多いですよね…。*1

*1:そのまんま東など。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

コアマニアック 

CX「お笑い登龍門」は面子が濃い。

<2月14日の出演者>

トータルテンボス 水玉れっぷう隊 末高斗夢

まさかここにきて水玉れっぷう隊を出してくるとはねぇ…。

先週のナメリカといい、この番組、かなり気合入れてます。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

トラックバックついた 

http://d.hatena.ne.jp/meio/20050214#p2

毎夜新聞(2005年2月14日付):はづきちゃんお誕生日おめでとう!

先日ちょこっとだけ書いた記事が、こうなってました。

多分、キーワードを漁ったのではないかと思います。

 

実際、先日書いた記事を深読みすると気付くかもしれませんが、

4行目から既にはづきちゃん単体の話ではなくなってる訳で。

最終的には個人的な報告で終わってるという内容でございまして、

はたしてそのそうそうたる面々の中に加わっていいものかと。(笑)

 

見てる人は見てるんですねぇ。

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

今年のR-1は全国ネット 

R-1ぐらんぷり2005の決勝進出者が決まったようです。

http://www.owarai-tower.net/R-1GP/

R-1ぐらんぷり2005

あべこうじ(吉本興業 東京)

井上マー(吉本興業 東京)

長州小力(フリー)

友近(吉本興業 大阪)

中山功太(吉本興業 大阪)

ネゴシックス(吉本興業 大阪)

ヒロシ(サンミュージック)

ほっしゃん。(吉本興業 東京)

驚きました、長州小力の決勝進出もそうですが、それよりも、

ほっしゃん。が残るとは。*1

*1:個人的に期待していたジョン・レノソは準決勝敗退。

Category: お笑い(R-1ぐらんぷり)

tb 0 : cm 0   

これも何かの縁 

今日は世間的にはバレンタインデーでございます。

もしこの日に「聖バレンタイン」に関する薀蓄を語る人がいたら、

おそらく"バレンタインデーなんて…(涙)"って思ってるかもしれません。

 

「おジャ魔女どれみ」の主役級のキャラクターである、

"藤原はづき"、本日が14歳の誕生日との事です。

ちょうど当blogもオレンジ色*1という事で、この話題に触れてみようかなと。

 

地上派本放送が終わって2年、時が経つのは早いものです。

今日誕生日を迎えたはづきちゃんも含めて、

2003年の本放送終了当時12歳だった彼女らも14歳です。*2

OVAの影響もあってか、現在も「どれみ」は現役のアニメに混じって、

かなりの人気を得ているわけで、関連サイトのほうも賑やかです。

まさか自分もこういう事柄にお関わりになっていく事になろうとは、

「夢クレ」からの流れで無印第1話を見ている時には想像もつきませんでした。

 

で、この記事を書きながらまた作品なんかを書いている訳ですが、

何とか触りの部分だけでも今日中にUPしたいと思うております。

…ただ、はづきちゃんは出ませんが。*3

 

とりあえず…寝るまでには何とか。

*1:偶然です。

*2:年を重ねている訳です。

*3:ストーリーの都合。

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0