FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

鬼ではない! 

NHK「爆笑オンエアバトル」、久々の200KB台でのオンエアも。

<今週のオンエア(回数順)>

東京03(6/7) ハイキングウォーキング(3/3)

イシバシハザマ(2/2) 響 我が家(各1/1)

なんというか、やっぱりおデブちゃんは必然的にボケ担当になるのだろうか、

初オンエアの響を見ていると、そんな感じの事を考えてしまう。

 

イシバシハザマは今回も「六分咲き劇場」、不思議な人達。

 

以前も言ったのだけれども、ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎氏、*1

フツーにしてても際立つ顔が、テンションと共に更に際立つ…、

ここまで来るともう、非の打ち所が無い…顔に。

*1:今回からきちんと芸名が表示されるように。

Category: お笑い(オンバト+)

tb 0 : cm 0   

ノリテンポ 

テレビ朝日「笑いの金メダル」。

ワンミニッツショーにて初めてオリエンタルラジオを見る。

…これは、個人的にはかなり好きな部類というか…最高だね。

あのノリ、あのテンポ…本ネタで見てみたい度最高潮ですね。

 

いいねぇ…。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

萌え萌えなアンチクショウ 

tvk「sakusaku」にて萌え萌えジゴちゃんなるものが登場。

視聴者から送られてきたコスプレ衣装を着ただけなのだけれども、

結局、着て10秒もしないうちに早々と脱ぎはじめるジゴちゃん。

それはあっという間の出来事でした、御粗末。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

おじさんパワー 

スペースシャワーTV「熱血!スペシャ中学」は久々に他学級の生徒が。

1年B組からNANANINE大野憲太郎、何時の間にか髪が短くなって印象が…。

そして3年目にして初登場の1年D組からはスチャダラパーのANIが登場、

いとう先生曰く「D組は10年選手しか入れない」との事ですが、

それに対してのANIの返し「加齢臭がする」とか…、もう、いい年だもんね。*1

 

セガカラとの連動で始まった着信ボイスのダウンロード数発表、

結果的に一番最初に配信された副担任のトチリ*2が最高記録。

 

今週の授業は先週に引き続き「第54期スペ中校歌を作る」。

まだ決まっていなかったサビの2フレーズを決めるのだが…、

やはりやってくれました、スペ中のお笑いを一手に引き受ける男・池ちゃん。*3

彼の発案フレーズは「本名はコウジ お店ではジェシー」…ってなんやねん!

 

最近段々わかってきた…

雄っちゃんが風味堂で、

永友君がキャプテンストライダムだよね。

で、光由君がPOMERANIANSって事で。

*1:1967年生まれのANIは今年で38歳になります。

*2:「スペシャ」を噛んで「スペシ」と発言。

*3:100sの池田貴史。アフロ。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

只今侵略中 

TBS「うたばん」に小川直也★岩佐真悠子が出演。

NHK、テレビ朝日に引き続きTBSまで侵略の手を伸ばしたわけですが、

20日のCX「HEY!HEY!HEY!」の番宣にも小川の姿があったので、

「あとはNTVに出たら侵略完了か…?」とか思ってしまったり。

もしかしたら、私が見ていないだけでもう出ているのかも…、

ここ最近は「ミンナのテレビ」も全然チェックしていないし…。

 

ちなみに、テレビ出演を重ねるごとに歌の尺がどんどん短く…。

<出演履歴>

  • NHK「ポップジャム」
    • 2コーラス+サビ繰り返し
  • テレビ朝日「ミュージックステーション」
    • 1コーラス+サビ繰り返し
  • TBS「うたばん」
    • 1コーラス(TVサイズと同様)

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

たくさんの両津 

CX「トリビアの泉」では、再び原哲夫ネタが。

今度は「こち亀」の両津勘吉を書いていたそうですが…これは怖い。

「カメダス」の特集で他の漫画家さんも書いたらしいけれども…、

皆さん、既に自分のキャラクターみたいになっちゃってますねぇ。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

奥さん、くねくねですよ 

AT-Xで「ふしぎ星の☆ふたご姫」をチラッと見る。詳しくはまだ。

 

なんつーか…くねくねしてた。

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

軽部笠井が泣いた! 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/computer/2channel.html?d=12gendainet07117321&cat=30&typ=t

電車男 予想外の大ヒット (ゲンダイネット)

表立って言えなかったけれども、実は気になっている映画「電車男」。

「男おばさん特盛」によると、軽部笠井両アナが泣いたとか。

 

映画版は電車男目線の話らしいんですけれども、

フジテレビで放送されるドラマ版はエルメス目線の話らしくて、

メインキャストも違うようです…これもヒットするのだろうか。

 

で、この記事で一つだけ気になったことが。

小説「電車男」は60万部超の注目のベストセラー。“オタク男”が、電車で男に絡まれるエルメスというあだ名を持つOLを助ける。それをキッカケに恋心が芽生えるという展開で、“オタク男”を山田孝之、エルメスを中谷美紀が演じている。

「電車男 予想外の大ヒット」より抜粋

私は元の話を殆ど聞いていないので、それほど詳しくないのですが、

助けた段階ではあだ名はついてないのでは?

たしか、エルメスのティーカップだったっけ?

アレを贈られたところからエルメスってついたって聞いてるもんですから。

 

どうなんですか、この部分?

Category: 映画

tb 0 : cm 0   

横顔 

普段、洋楽をサッパリ聴いていない私ですが、ここ最近、

ピックアップでやたらと流れてくるGORILLAZが気になって仕方がない。

で、いいなぁ~…と思って調べてみたら、東芝EMIだったのでCCCD。

何度目だよ、この展開。

 

洋楽なので、US盤があると思って調べて発見。

CD単体よりもDVD付きの方が何故か安かったのでチェックすると、

CCCDでも何でもないのに、レビューで「PCで再生できませんでした」と。

何があったんだよ、そのPC。

 

とりあえず、余裕があったら買おうかな~…、

DVDのリージョンコードが気になるけれども、単体買うより安いし…。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

強烈インパクト 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/j-pop.html?d=12sankei56359&cat=6&typ=t

切り札は“おばちゃん”ジャンヌがオリコン初1位を狙う! (サンケイスポーツ)

あのおばちゃん*1が突然出てきたらそりゃ驚くだろうよ。

何気に雑誌のインタビュー受けたりしてて、売れてるんですよねぇ。

*1:「ガキの使い」名物おばちゃん・浅見千代子。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

いくどとなく 

テレビ朝日「笑いの金メダル」。

以前にも言ったのだけれども、「フィーリングカップル」さえ無ければ、

私はこの番組を手放しで賞賛するんだけれども…ねぇ、ホントにアレ人気なの?

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

あの時期 

http://blog.goo.ne.jp/niccyamenxgn/e/3a7d2dbd38b7535ca4a1f9fb4a4734cb

ムカついてたなぁ。(ニッチャメンの我道行願~我が道を行きたい。/2005年6月8日分)

http://blog.goo.ne.jp/niccyamenxgn/e/ed178e837a68a8e1b3dced5706c48d4a

相方が辞めてしまうという事。(〃/2005年6月10日分)

×-GUNは結成15年との事なので、一番仲が悪かった時期というのが、

「ボキャブラ天国」に出て知名度が上がってきた95~96年頃になる。

長い事付き合ってきたらそういう時期というのも出てきたりするけども、

そこで解散せずにやってきたから今があるわけで。

 

よくコンビなんかで「仲が悪い」とか言われてる所もあるけれど、

あれって実際のところはどうなんだろう、本当に仲は悪いのか。

ただ単にそういう風に見せている人もなかにはいるだろうし、

本当に仲が悪い所も少なからず存在しているのだろう。

 

ボキャブラ世代で「仲が悪い」とよく話題になっていたU-turn、

番組中でも土田氏が対馬氏を適当にあしらう場面が多々あったけれど、

アレも実際に仲が悪いのか、そう見せているだけなのか、よくわからない。

そうこうしている内にU-turnは解散して、土田氏が芸能界に残った。

でも、あの当時から多用していた"キツイ冗談"は今も残っている、

そう考えてみると、実際は言うほど中は悪くなかったんじゃないかとも思う。

 

「相方が辞めてしまったら」、コンビ別れを経験していない西尾氏にとって、

やっぱりこういった話題というのは難しいものなんだなとつくづく思う。

芸歴15年ともなると、そうやすやすと解散はできないだろうし、

今の相方以上の人物に出会えるかという確証も無いわけだから。

ホリプロコムの後輩では結構、コンビ解散・新コンビ結成があって、

いつの間にかあの人とあの人が…*1って事になってるけれども。

 

こう考えてみても、やっぱり難しい話題です。これは。

*1:「ヒデヨシ」「魚でF」などが該当する。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

おめでとうギョーザ 

tvk「sakusaku」が栃木県進出との事。

これで最終的に東京を取り囲むようにネットされたら…凄いだろうね。

 

今週は冒頭でイラスト特集。

イラスト紹介がジングルの時だけでは勿体無いからか、

本編で大々的にフィーチャーしてみようという事らしい。

 

イラストを書くときなんかは大概の場合、テーマを決めたりしますが、

テーマを決めずに書いた結果、とんでもないことになった投稿者がおり、

紹介された時にはスタジオ中が大爆笑、アレは一体なんなんだ、

「田植えガンダム」て。

その後に登場した「物言わず佇むカエラハニワ」もインパクト大だけれど、

やはり田植えガンダムて…ねぇ、ちゃんと中腰やったし。

ハガキの真ん中ではなく、若干寄っているのもポイント高し。

 

「sakusaku」最高。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

吉本音楽班 

Amazonで色々見ていたら「ツバサクロニクル」の主題歌が出て、

それを歌っている人物の名前が「キンヤ」だったものだから、

気になって調べたら予想通りコタニキンヤでした。

 

2001年夏にアルバム出して以来、サッパリ見かけなくなって、

その間に同じ事務所の坂上庸介*1ばっかりオモテに出てきてて、

もしかしたら忘れられてるんじゃないだろうか…と思ってたらドンと。

こんな感じで戻ってきたわけですよ、アニメの主題歌て。(^^;)

 

どうだろうか、売れるだろうか。

*1:コタニキンヤと坂上庸介、共に吉本興業所属。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

ある意味豪華メンツ 

「ミュージックマシーン」経由で小宮山雄飛のblogを見に行く。

その際に、トップページも覗いてみたけれども、結構なメンツだこと。

<私が覗いた時のメンツ>

小宮山雄飛(BANK$/ホフディラン) だいたひかる 木佐彩子

ハイヒールモモコ 椎名慶治(SURFACE) 野田英樹(レーサー)

なかなかこの顔ぶれが一画面に収まる事って無いからねぇ…。(笑)

Category: 世の中

tb 0 : cm 0