08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

本格的登場 

10月4日5日の大阪予選の面子が出ました、かなり本格的になってきました。

10月4日の参加者は東京予選のそれを上回る152組…凄いわ。

<10月4日5日の割合>

  • DREAM FACTORY(1組)
  • ケーエープロダクション(3組)
  • 劇団ひこひこ(1組) ※再挑戦
  • 松竹芸能(28組)
  • ソニーミュージックアーティスツ(1組)
  • 一人元プロ(1組)
  • みかん山プロ(1組)
  • 吉本興業大阪(36組)
  • 吉本興業広島(1組)
  • 吉本新喜劇(1組)
  • フリー(1組)
  • NSC大阪(49組) ※重複・再挑戦含む
  • アマチュア(154組) ※重複・再挑戦含む

結構な面子なので、一言ずつ書いてみようと。

  • 4日Aグループ
    • baseより最年長の「ヘッドライト」と1年間ビーニから動かなかった「プラスマイナス」、大阪吉本からは弟子同士コンビ「つばさ・きよし」とついに姿を現した「レイザーラモン」が。
  • 4日Bグループ
    • baseからは「ミサイルマン」と「ブロンクス」。「人助」はbase経験アリ。
  • 4日Cグループ
    • 松竹芸能の「Fun Park」とbase勢「ダ・ヴィンチ」と「ママ・レンジ」あたりか…?
  • 4日Dグループ
    • base勢が「NON STYLE」「ベリー・ベリー」「日刊ナンセンス」と層が厚い。
  • 4日Eグループ
    • 「パステルモグラ」「ビタミンS」のbase勢、松竹芸能から3組登場のほかに、広島吉本からも参戦者があり、バラエティには富んでる。
  • 4日Fグループ
    • 松竹芸能の「トライアングル」はオンエアバトルで合格経験アリ。base勢は「マシンガンズ」と、来月からオーディション落ちの「夜盗賊団」が。
  • 4日Gグループ
    • 唯一目を引くのは「宇宙ネズミ」ぐらいか…?知らない人が多い…。
  • 5日Aグループ
    • 5日は大阪吉本がグッと多くなる。Aグループはbaseから「牛若丸」「span!」「なぎさ」の3組。松竹からは「チキチキジョニー」「トムコリンズ」など。
  • 5日Bグループ
    • 大阪吉本勢はこの日最多、baseの「鎌鼬」「極悪連合」「☆ciao☆」と女学院の「サンシスター」の4組。お知り合いは「にゃんにゃんボーイ's」に注目していた。
  • 5日Cグループ
    • base唯一の二段階昇格の「暁」が登場。*1他にもbaseから「少年ギャング」「西海岸's」が。
  • 5日Dグループ
    • アマチュアとNSC勢の再挑戦が多い。とうとうオーディション落ちした「ゼミナールキッチン」と残留した「スイミー船」と「金時」が登場。
  • 5日Eグループ
    • 吉本所属は3組だがbase勢は「鯉女房」のみ。他の人は聞いたこと無い…。NSC勢再挑戦アリ。
  • 5日Fグループ
    • 久々base復帰の「ゴールドハンマー」と女学院の「キッチン」が。しかし、暫定で1ヶ月しかいなかった「グリングリン」が吉本所属とは一体?
  • 5日Gグループ
    • base勢「アメディオ」、松竹若手の「HTH」「フロントページ」、東京から乗り込んできたソニーの「さーくるらいおん」、新喜劇から参戦の「ポケットポポ」など、豊富。

書いてみたはいいんですが、私は殆どの組のネタを見たことが無いので、

コレについて色々と反論されてもおそらくは何も答えられないかもしれないのでご了承ください。(ぉ

*1:残念ながらビーニ降格に。

スポンサーサイト

Category: お笑い(M-1グランプリ)

tb 0 : cm 0   

10月の有野 

<「ゲームセンターCX」放送スケジュール>*1

10月1日(土)15:00~20:00 #1~5

10月2日(日)15:00~20:00 #6~10(大解放デーのため無料)

10月15日(土)18:00~23:00 #11~15

10月16日(日)18:00~23:00 #16~20

10月19日(水)22:00~23:00 #21(初回)

10月20日(木)26:00~27:00 #21(リピート)

10月22日(土)10:00~11:00 #21(〃)

10月26日(水)22:00~23:00 #21(〃)

10月27日(木)26:00~27:00 #21(〃)

10月29日(土)10:00~11:00 #21(〃)

*1:「スカパー!110TVガイド」参照。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

不意打ちビックリ 

新聞欄に「sakusaku(終)」と書いてあったことにビビッて「TVガイド」を確認したところ、

HTBは来週から同時間帯で「アストロ球団」を放送するという事…道産子サクサカー怒るぞ~コレ。

 

しかし、個人的にはこの「アストロ球団」、かなり気になっております。

"行くところまで行っちゃった野球漫画"という事は聞いておりますが…どうなんでしょうか。

 

全18回という事で、年末年始挟んで大体…2月半ばには終わるかな?

その時はまだ「sakusaku」やってほしいですけどね、結構色々言われてるみたいだし。

↑主題歌。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

非リアルタイム世代 

「ミュージックマシーン」の情報によると、NHK「ポップジャム」10月14日放送分に、

高橋名人が出演するというビックリなニュースが。

http://www.nhk.or.jp/popjam/oa/index.html

オンエア予定(「ポップジャム」公式サイト)

一言だけ言うと、名人浮いてるなぁ…。(笑)

まぁ、これは前田健が異様に馴染んでる事もあるんですが、なんか、名人のとこだけ原色だから妙に強調してくるというか…。

 

いや、それよりも最大の注目点は知ってる人、いるのかなぁ…。

何しろ、名人の全盛期は1985年から1990年頃、しかも公式サイトによると、歌う曲は「スターソルジャーのテーマ」

男性客は意外とわかるかもしれませんが、女性客は…めっちゃ不安。

 

まぁ、見てみるしかないですね、本放送を。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

客を呼ぶ 

「base新着情報掲示板」によると、ネゴシックスがビーサン残留との事。残念。*1

というか、それ以上に驚いたのはとろサーモンがビーサン降格て。

 

baseメンバーの中でもかなり一般知名度の高い2組がビーサン組という状況は大変なものがあるような。

一歩間違えれば"吉本所属"という肩書きすら無くなる可能性があるわけですからねぇ、ビーサン組って。

*1:ネゴシックスだけ昇格できなかったという事態。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

今日”も”ウーノ 

エレキコミックやつい:トータルテンボス藤田もそうだけど、変わりっぷりが強烈だよね。

ふかわりょう:なんか強そう。でも「ティン!」でバレる。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

粗さが目に付く 

どうも、「M-1グランプリ公式サイト」は誤植が多いような気がする。

以前のセックスマシーンの件もそうだし、前回の表記漏れもそうだし、

今回も何組かコンビ名が間違っていたし…どうなってるのでしょうか。

<10月1日札幌予選の割合>

  • MRレコード(1組)
  • クリエイティブオフィスCUE(1組)
  • 吉本興業札幌(7組)
  • アマチュア(15組)

<10月2日仙台予選の割合>

  • お笑い集団ティーライズ(1組)
  • 素人お笑い集団てきめん(2組)
  • 吉本興業東京(2組)
  • フリー(1組)
  • アマチュア(40組)

札幌予選、オフィスCUEより参戦は「オクラホマ」*1、普段はコント中心なだけになんか不安…、

というか、私は北海道在住ですが、彼らを知ってから4年経つのに未だにネタを見たことがありません。

 

仙台予選、46組中40組がアマチュア…凄い割合だね。

昨年屈辱の1回戦敗退を喫した「セカンドステージ」がティーライズより唯一のエントリー。

個人的には頑張っていただきたいのですが…オンバトの成績もアレだからねぇ…。*2

「仮面舞踏会」…そういやそんなコンビもいたねぇ…2003年の決勝直前SPで紹介されてたっけ…。

*1:公式のアレは誤植。

*2:オンエア率1/5。

Category: お笑い(M-1グランプリ)

tb 0 : cm 0   

おぼえがき 

私が現在使用しているPCでは「武智正剛」*1や「福徳秀介」*2なら一発変換できるらしい。

*1:マラドーナ。

*2:ジャルジャル。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

トップ入り 

「base新着情報掲示板」からの情報なんですけれども、

10月からビーコードのトップ組にレギュラーが昇格して、それによって、ビーイチ組が14組になるという話。

 

現在のビーコードではランクによって色々と扱いが変わってくるらしいので、

1組とはいえ、ビーイチ組の枠が少なくなるのは…ちょっとキツイものがあるのでは?

 

レギュラーのトップ組昇格に関しては…ほぼ異論は無いかな。

現在のビーイチ組の中でも人気実力共にトップクラスですし、

結成7年という事で色々と場数も踏んでいると思われますからね。

<2005年9月現在のビーイチ組結成年月>

  • ストリーク(1995年7月)
  • レギュラー(1998年4月)
  • フロントストーリー(1998年9月)
  • ジャンクション(1998年10月)
  • 天津(1998年12月)
  • ダイアン(1999年4月)
  • NON STYLE(2000年5月)
  • アジアン(2002年2月)
  • 中山功太(2002年2月)*1
  • イシバシハザマ(2002年4月) 
  • 田中上阪(2002年4月)
  • スマイル(2003年4月)
  • 南海キャンディーズ(2003年6月)
  • にのうらご(2003年9月)
  • 暁(2005年1月)

…と思ってたら、ストリークの方が長いんですねぇ…。

個人的には、初めて見た2001年の新人演芸大賞でやってた節分のネタが強烈に印象に残ってて…。

http://www.fandango.co.jp/base-yoshimoto/profile/parsonal/regular.html

レギュラー(baseよしもと)

  • 追記(22:39)
    • このページから、自サイトで製作したビーコードのまとめ表にリンクを張ってみました。活用していただければと。

*1:ピンデビュー年月。NSC22期生という事は合計芸暦は6年ぐらい?

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

忘れないうちに書かないとね(ウーノ) 

ハロ増井:誰だかわからなかった。喋ったらわかった。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

公式サイトの写真が特に… 

http://nairobi.sessya.com/cgi-bin/info/sessya_actor.cgi?action=artists&id=1

拙者ムニエル所属俳優プロフィール 村上大樹(■sessya.com■)

やっぱり、似てるわ。

CX「23」の初回生放送でくりぃむしちゅー有田から「カンニングの竹山さんです!」と弄られつつ紹介された、

劇団「拙者ムニエル」主宰の村上大樹氏なんですが…やっぱりこうして見るとね。

最近何故か、あんな感じの顔の人が表舞台に増えているような気がする。

竹山も、フジテレビ721「お台場お笑い道」でサンボマスターの曲を歌わされたし。

 

「ブログタイプ」は1時間SPという事で録画はしましたが…まだ見てません。

「23」が終わってしまうということでね…一度しっかり見ておかないと…と思って。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

ものすごいメンツ 

東京3連戦、勝ち抜いたメンツが凄い事。

大阪と比べて事務所の数が半端じゃなく、それに比例して参加組数も膨大。

3日間合わせて、のべ439組。

こんなメンツですから、レベルは相当高かったのでは?*1

<週末3日間の合格率>

  • DSE
    • 0/1
  • H・Rプロジェクト
    • 1/6(スパイシージャム)
  • WAHAHA本舗
    • 1/2(ガッポリ建設)
  • 浅井企画
    • 3/6(まつぼっくり、浮世絵師、スパローズ)
  • アミーパーク
    • 1/3(ミスマッチグルメ)
  • アミューズ
    • 1/2(ドラハッパー)
  • 石井光三オフィス
    • 0/1
  • 大川興業
    • 1/1(俺のバカ)
  • 太田プロダクション
    • 4/9(アイデンティティー、360°モンキーズ、風藤松原、火災報知器)
  • オフィスインディーズ
    • 2/2(ゆうえんち、コロンブス)
  • オフィス北野
    • 2/3(ほたるゲンジ、兄貴会)
  • お笑い工房LUDO
    • 0/3
  • ケイダッシュステージ
    • 4/6(連戦姉妹、Hi-Hi、オードリー、モンキーチャック)
  • ケーアッププロモーション
    • 1/2(上々軍団)
  • げんしじん事務所
    • 1/1(いけないパラダイス)
  • ゴーイング
    • 0/1
  • サラ・プロジェクト
    • 0/1
  • サンミュージック企画
    • 7/8(ダンスパイス、さいゆうき団、三拍子、髭男爵、エルシャラカーニ、ラブカップル、どーよ)
  • 松竹芸能
    • 0/1
  • 素敵なサムシング
  • 1/8(ワキャキャPOMPOM)
  • ソーレアリア
    • 1/2(プッシーキャット)
  • ソニーミュージックアーティスツ
    • 7/18(エンジョイワークス、ナイスDEポン、ビッグウェー部、響、ジャンファンカ、ジェニーゴーゴー、鼻エンジン)
  • トリック・スター社
    • 0/1
  • ナイスデイ
    • 0/1
  • ニュースタッフエージェンシー
    • 2/3(ダークホース、弾丸ジャッキー)
  • ノータイトル
    • 0/1
  • バウスプリット
    • 1/1(米粒写経)
  • プライムワン
    • 1/8(サードメン)
  • フラットファイブ
    • 1/1(ホロッコ)
  • プロダクション人力舎
    • 4/4(鬼ヶ島、男子、グーニーズ、オレンジジュース)
  • プロモションシステム
    • 1/1(ホンキートンク)
  • ペイシャンス
    • 0/1
  • ホリプロ
    • 2/4(金魚ばち、まってん×まってん)
  • マセキ芸能社
    • 6/6(こんらんチョップ、青春ダーツ、あきげん、ストロング・マイマイズ、ナイツ、ホーム・チーム)
  • 舞夢プロ
    • 0/1
  • 目黒笑売塾
    • 0/1
  • めんたいオフィス
    • 0/1
  • 吉本興業(区分不明)
    • 0/2
  • 吉本興業大阪
    • 0/1
  • 吉本興業東京
    • 13/55(バカトケムリ、トラベルチャンス、ガリバートンネル、残暑、ガリットチュウ、東京モダン、ポテト少年団、ヨシンバ、アームストロング、ツーナッカン、あづま、ハイキングウォーキング、ゆったり感)
  • ワーサル
    • 0/1
  • NSC東京
    • 1/13(アジサイ公園【2回目】)
  • スクールJCA
    • 0/1
  • 東京アナウンス学院
    • 0/3
  • ワタナベコメディースクール
    • 0/2
  • アマチュア
    • 5/218(IT革命、こたつでみかん、パトリオット、パンチライン、いか天ピーナッツ)
  • フリー
    • 0/21

「ガッポリ建設」と「浮世絵師」が受かってるのが、なんか意外。

M-1は変化球の受けがいいというのは、これまでのファイナリストを見てもわかるんですが、

この2組は、巷に溢れる変化球の中でも、特に強烈な変化球ですからねぇ…逆の可能性もあったんですね。

あまりにも変化球過ぎて敬遠されてしまうのではないかというね…まぁ、それは要らぬ心配だったみたいですが。

「ガッポリ建設」はここ最近、テレビ露出が増えてるから、まぁ、知られてるかな?

若手に区分されてますけど、もう二人とも30代後半だからね。

「浮世絵師」なんて、ポイズン以上に不条理で不可解な芸人だからねぇ…。*2

 

こうして見てみると、人力舎、マセキ芸能社、サンミュージック企画、この3事務所の合格率が特に高い。

やはり、現在のお笑いブームにおいて躍進した所ですから、当然なのかもしれません。

でも、「さいゆうき団」受かったのか…事務所のライブ番組*3ではその他大勢の扱いだったのに。*4

 

ケイダッシュやオフィスインディーズ、新進気鋭のソニーミュージックアーティスツも好成績。

オフィス北野は…まぁ、サミーモアモアJr.は多分落ちるだろうと思ってたけど。(^^;)*5

 

連戦姉妹…私より若いんですよ、実は。*6

*1:特に24日はアマチュア全滅という結果に。

*2:あれほどコンビネーションの悪い双子は滅多にいないと思う。実際はトリオなんだけどね。

*3:「日テレプラス&サイエンス」の「大爆笑!サンミュージックGETライブ」。

*4:唯一落ちた「ロックンロールコメディショウ」と共にその他大勢扱いだった。

*5:「チャンネル北野」主催の「氷点下ライブ」での滑り方はトップクラスだった。

*6:妹・川村わかな氏は1986年2月24日生まれ。自分の6日後ということを知った時は年を感じた…。

Category: お笑い(M-1グランプリ)

tb 0 : cm 0   

3日連続でウーノの話題てアンタ 

カンニング竹山:いいとこのおぼっちゃんって感じがする。昔は実際にそうだったらしいし。

江戸むらさき磯山:最初見た時、誰だかわからなかった…だって、最近ネタ見てないんだもん…。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

一度そう思ってしまうと… 

ヤバイ、もう顔面にしか見えねぇ…。

Category: 紹介

tb 0 : cm 0   

どこかで聞いた事もあるはず 

まさかここでザ・サーフコースターズの名を見ることになるとは。

とある歌手の方のを手掛けたヤツを聴いたことがあるんですけども…感覚同じっスねぇ…。

篠原のデビューアルバムでして、「レインボー・ララ・ルー」がそうなんですが、

それと比べると「どすこい軍曹」は僅かにおとなしめですが、ノリノリなのは共通してます。

曲に関してはねぇ…ドロロめっちゃエエ声とでも言っておきましょうか。

 

それにしても、あんな形の帯初めて見たし、特典があんな位置*1にあるとはねぇ…。

*1:帯の真下。

Category: 紹介

tb 0 : cm 0