11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

今年最後の記事がコレかよ 

12月29日分の検索ワード。

哲夫×西田 同人 芸人

んなもん、書けへん!

スポンサーサイト

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

語る芸人達 

  • UHB/フジテレビ「人志松本のすべらない話 年末拡大スペシャル」

全然映らない所に金をつぎ込むバカさ加減が好きです。

著名人席とかせり上がりとか。

 

感想は明日。無理でした、スイマセン。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

北海道に住んでない人にはどうでもいい話題(住んでてもどうでもいい可能性アリ) 

HTB(テレ朝系)の代替番組*1が「草野★キッド」から「三竹天狗」に変わったようだ。

10月に木曜深夜で立て続けに「草野★キッド」が放送されていて、

"ようやくレギュラー扱いか…"と思ったら11月スタートの新番組*2への単なる繋ぎで、

それ以降は何の音沙汰もなかったワケで、ちょっと心配してはいたが。*3

*1:レギュラー番組がお休みの時に、穴埋めで放送される番組。普段放送していないキー局の番組が多い。日テレ系のSTVも昔「いろもん2」を代替に使っていた。

*2:HTB製作の「やまだひさし音尾琢真 素晴らしい世界」トークと連続ドラマの二本立て番組。

*3:とは言っても、「草野★キッド」はCSのテレ朝チャンネルで放送しているので、見ようと思えばすぐに見れるのだけれど。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

リューク太田 

  • フジテレビ「笑っていいとも!年忘れ特大号!」12月27日放送

今年のモノマネは例年にも増して当たりが多かったような。

おすピーのザ・たっち逆モノマネもかなり無茶してるし、

太田のリュークも、元の体形が体形なだけにそっくりだし。

あと、慎吾と剛はスマスマのネタそのまま持ってきてるし。*1

 

ただ、個人的に一番ツボにはまったのはぐっさんの吉川晃司。

何だよ、「とのさまモニカ」って。(^^;)

 

それにしても、中居君は3年連続でお笑い芸人のモノマネだよなぁ。*2

*1:「オシモ」と「ニワさん」。まぁ、モノマネだからいいんだけど。

*2:一昨年は「波田陽区」、去年は「長州小力」、今年は「小梅太夫」。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

今年のM-1も終わっちゃいました 

  • HTB/テレビ朝日「M-1グランプリ2006」

下馬評で大体予想はついてたけど、やっぱりあそこが優勝したか、って感じ。

ファーストラウンド

  1. POISON GIRL BAND「ファッション」570点/9位
    • あの芸風でトップバッターは厳しいんじゃないかと思ってたんですが、やっぱりかなぁ…と。麒麟とかフットボールアワーの後だったりしたら前の組との対比で有利だったかもしれないけど。以前のネタよりもテンポがかなり速くなったみたいですけど、急がされてた2004年の決勝とは違ってきちんと自分達の芸風に組み込んでたのが好印象。あと、大竹まことが一番にやけてたのは納得、あーいうの好きだろうし。それにしても、過去6年間でトップバッターが3回も9位になってると、2001年の中川家の評価が自動的に上がっていってるような気がしてならない。
  2. フットボールアワー「フットボールアワー戦隊」640点/2位→ファイナル進出
    • いきなりの放置プレイで始まったのもそうだけど、フットボールアワーってこんなにパワフルな芸風だったっけ?特にこのネタは以前に見た事があっただけに、あまりのパワフルさに正直、度肝を抜かれましたね。やはり2003年の優勝から3年間、色々とバラエティの仕事とかこなしてきた分、そこで目立つための術がそのまま漫才に反映されてるのではないだろうかと…。カウス師匠の絶賛っぷりが眩しい。
  3. ザ・プラン9「天使と悪魔」597点/7位
    • カウス・洋七・南原が高得点で、他4人がそうでもないというまばらな結果。5人という特性はしっかりと押さえてたと思う。カウス師匠の高得点は、ザ・プラン9がM-1に初参戦した頃から高評価だったから当然といえば当然だけど。
  4. 麒麟「プロボクサー」627点/3位→ファイナル進出
    • 採点の傾向が直前のザ・プラン9と同じだったものの、個々の点数が高かった。田村の「お前がしっかりせえよ、麒麟は!」は台本通りだったのか、それともアドリブだったのか。直後のインタビューで天性のバカっぷりを発揮していただけに、やっぱりアドリブだろうか。
  5. トータルテンボス「グルメレポーター」613点/5位
    • 2004年の初決勝の時よりも点数が上がってるのは、やっぱりそれなりに二人のキャラクターが浸透してるのかなと。でも、このメンツの中で比べた時にあまり印象に残らなかったのは、いつも通りのネタ運びだったように思えたからだろうか。フットボールアワーと麒麟の、ここ一番でリミッター外れてるかの如く熱気ムンムンだったネタ運びを見てるだけに、どうしても物足りなさを感じてしまったかも。
  6. チュートリアル「冷蔵庫」664点/1位→ファイナル進出
    • 準決勝の会場でネタを見た方達が、このネタをやってた事について不安の声を上げていたみたいですが、要らぬ心配だったようです。ファーストラウンドで最も盛り上がった瞬間だった事は間違いない。昨年の「バーベキュー」よりもさらに磨きのかかった徳井の妄想っぷり、そして暴走っぷりが見事に昇華したというか。今回ファイナルに進出した3組は、いずれもこの1年間で磨きに磨いたネタを持ってきたように思えた。お笑い通の間での不安の声は、過去にも同じネタを見ているという事からくる"飽き"だったんじゃないかと、勝手に深読みしてみた。何回も披露する事で生まれる磨きに反比例した、受け手側の飽きみたいな。一般の人ならそれに対して声上げるけど、お笑い通は無意識的に自分の中の"飽き"という感覚を否定してるかもしれないから気づけないのかな…と。
  7. 変ホ長調「セレブ結婚」576点/8位
    • ここは芸風が芸風だけに、どんな点数が付こうが賛否両論になると思うんですよ。ただ、一つだけはっきりとしておきたいのは、洋七さんがあの場で言っていたように、3922組という過去最高の参加者の中で、まったくのアマチュアがこの決勝の9組に残ったという事実は評価すべき事ではないでしょうか。1年ぶりに見た変ホ長調の漫才は、ゆるゆるな雰囲気は変わらずに、小田さんがしれっとした顔でキツイ事言っていたのがやけに印象に残った。橋田ファミリーのくだりでの「徐々にレギュラーメンバー減ってるし」は大丈夫なんでしょうか。あと、カウス師匠、またもやベタ褒め。それにしても、やっぱりプロ転向には興味が無いようで。
  8. 笑い飯「子供のしつけ」626点/4位
    • まさかの1点差での敗退。それよりも、あれだけ火がつくのが遅いネタでこの点数を叩き出したという事は、もっと早い段階で火が付けられていれば大本命のチュートリアルすら脅かせそうだっただけに残念。笑い飯の弱点というか、危うい部分だと思われるのが、スタンダードな漫才だったら、自分達と客との間で多少ズレが生じても何とか修正できるけど、笑い飯の漫才は形状的に修正がきかないんですよね。ボブスレーみたいなもんで、一度走り出したら最後まで一直線ですから。笑い飯が優勝する為には引っ張ってデカイ笑いを誘うタイプではなくて、間合いを詰めて次々に笑いを取るタイプじゃないとキツイんじゃないでしょうか。最も優勝に近づいた2003年・2005年のネタがまさにそういうタイプでしたし…。
  9. ライセンス(敗者復活)「色んなドラえもん」609点/6位
    • 最初で最後のM-1決勝。去年の敗者復活でやった「プリメウスのタクト」もそうだけど、結構こういうタイプのネタもやるんだなぁ…とか感じた。色々なパターンを出してきて、それでいてどれも役への入り込みっぷりが尋常じゃなかった。ただ、個人的には敗者復活の時の方がいい感じに見えたんですけれども、やっぱり渋滞に嵌って自転車で会場まで来たのがネックだったかもしれないねぇ…。でも、有明コロシアムはこれまでの会場の中で一番雰囲気のいい場所だと思うので、来年もあそこでお願いしたいところで。*1暦的には来年の決勝は落ち着いた日付なりそうなんでね。あと、いつ聴いても藤原はエエ声やなぁ…。

ファイナルラウンド

  1. 麒麟「田村裕探検隊」0票/3位
    • 堂々とセリフをかんだ田村を間髪入れずにフォローする川島の姿は、ファーストラウンドで田村が言い放った「お前がしっかりせえよ、麒麟は!」という発言を見事に体現してると思った。現地人のくだりにおける田村の現地人喋りがあまりにも似合いすぎていたのが一番印象に残った。スティックパン恐るべし。(ぉ
  2. フットボールアワー「ファミレス」0票/2位
    • 今日、フットボールアワーの2本の漫才でわかった事、のんちゃん(岩尾)がすっかり前に出てくるようになった事。一お笑い芸人としてはきちんと方向に進化してるような気がします。あのうざったさは、のんちゃんみたいなタイプじゃないと出ないかもねぇ…。
  3. チュートリアル「自転車のチリンチリン」7票/1位→完全優勝
    • これまでの「バーベキュー」や「冷蔵庫」と違って、明らかにどうでもいい話題を取り上げてるだけに、エンジンがかかった後のとんでもない飛躍っぷり、そしてどう見ても一線を越えてしまった人のような徳井の言動…そりゃ完全優勝もするわ。麒麟もフットボールアワーもかなり追いかけたと思うけど、今一番勢いに乗ってるチュートリアルにこんなネタやられちゃあもう…ね。(^^;)

去年は敗者復活戦の録画でミスをやらかして、書けるテンションじゃなかったんで、

敗者復活戦から決勝まで、全てを見届けた分やたらと気合を入れて書いてしまいました。

 

ぶっちゃけ、6時間かかりました。時間かけすぎや。(^^;)

 

…敗者復活戦も書こうかなぁ…。

*1:2005年の会場だった神宮球場は、客席との距離が異様にあったし、笑い声が聞こえなさ過ぎた。有明コロシアムは客席までの距離も適度にとってあったから違和感は無かった。でも、神宮での芸人の入場シーンは面白かったけどね。

Category: お笑い(M-1グランプリ)

tb 0 : cm 0   

最後の1枚 

  • スカイ・A Sports+「M-1グランプリ2006 敗者復活戦」

まさかNON STYLEがトップバッターとは…。

12:20→出番順記載。

13:54→出場者が55組しかいないことに気づく。

14:05→M-1公式サイトの掲示板にカルパチーノ活動休止の情報が。

14:08→カルパチーノが12月20日に活動休止したと、ツッコミ担当・田中亮二の個人サイトに記載が。*1

14:35→所属事務所記載。

  • Aブロック
    1. NON STYLE(大阪吉本【base】)
    2. ストレートタイム(アマチュア)
    3. ロザン(大阪吉本【うめだ】)
    4. 平成ノブシコブシ(東京吉本)
    5. 三拍子(サンミュージック)
    6. ギャロップ(大阪吉本【base】)
  • Bブロック
    1. BODY(東京吉本)
    2. ビッキーズ(大阪吉本【うめだ】)
    3. 日刊ナンセンス(大阪吉本【base】)
    4. パンクブーブー(東京吉本)
    5. ジパング上陸作戦(東京吉本)
    6. にのうらご(大阪吉本【base】)
  • Cブロック
    1. 天竺鼠(大阪吉本【base】)
    2. デニッシュ(山中企画)
    3. ライセンス(東京吉本)
    4. カナリア(東京吉本)
    5. 千鳥(大阪吉本【base】)
    6. ザブングル(ワタナベ)
  • Dブロック
    1. U字工事(アミーパーク)
    2. りあるキッズ(大阪吉本【うめだ】)
    3. えんにち(東京吉本)
    4. ボルトボルズ(大阪松竹)
  • Eブロック
    1. 天津*2(大阪吉本【base】)
    2. キャン×キャン(ヴィジョン)
    3. ハマカーン(ケイダッシュ)
    4. タイムマシーン3号(ケーアップ)
    5. 磁石(三木プロダクション)
    6. なすなかにし(大阪松竹)
  • Fブロック
    1. 難波横山(大阪吉本【base】)
    2. ザ・パンチ(東京吉本)
    3. ジャルジャル(大阪吉本【base】)
    4. 鎌鼬(大阪吉本【base】)
    5. 流れ星(浅井企画)
    6. 髭男爵(サンミュージック)
  • Gブロック
    1. ポテト少年団(東京吉本)
    2. ジャリズム(東京吉本)
    3. ヘッドライト(大阪吉本【base】)
    4. とろサーモン(大阪吉本【base】)
    5. バッドボーイズ(東京吉本)
    6. レアレア(東京吉本)
  • Hブロック
    1. 銀シャリ(大阪吉本【base】)
    2. 5番6番(タイタン)
    3. プラスマイナス(大阪吉本【base】)
    4. サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
    5. 東京ダイナマイト(オフィス北野)
  • Iブロック
    1. マラドーナ(大阪吉本【base】)
    2. 超新塾(ワタナベ)
    3. カリカ(東京吉本)
    4. 我が家(ワタナベ)
    5. ルサンチマン(ティンカーベル)
  • Jブロック
    1. チーモンチョーチュウ(東京吉本)
    2. アジアン(大阪吉本【base】)
    3. 藤崎マーケット(大阪吉本【base】)
    4. スマイル(大阪吉本【base】)
    5. ダイアン(大阪吉本【base】)

*1:「http://www.tosp.co.jp/i.asp?i=beansryoji」日記の部屋12月20日分より。

*2:Dブロック5組目から変更。

Category: お笑い(M-1グランプリ)

tb 0 : cm 0   

本屋ちゃんの頭についてるアンテナ 

当blogでも12月12日に紹介した、各方面で人気のこの記事が、

あの「バーチャルネット図書委員 のどか15歳」のトップに堂々と載ってた。

 

意外と淡々と紹介されてたのが、ビックリだ。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

国が国だけに驚きがそんなには… 

http://www.negitaku.org/news/7319/

ドイツで暴力ゲームの開発・販売・プレーが犯罪に(Negitaku.org/2006年12月8日付)

フツーに怖えよ、国が。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

閉店セールですがDSは定価のままでした 

幼少の頃から利用していた、大手の玩具屋のチェーン店が店じまいするそうで、

こういう時には何かいいものがあるに違いないと出向いてみたら、

GCの「ロックマンエグゼ トランスミッション」が500円だったり、*1

PSやGBのソフトが100円で売られたりしていた*2のでついつい手が。。

ホントはポケモンカードe+も箱ごと欲しかったのですが…。

でも、ゲームボーイプレイヤー用のデジタルコントローラーは確保。

 

あと、ようやくニンテンドーDS Liteを購入。色はライトブルー。

電源を入れてみて予想以上の画面の明るさにビックリ、これは凄い。

*1:定価の1/10ぐらいの値段。

*2:「ビブリボン」「ゴルフdeおはスタ」など・

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

木曜8時にテューラーラー 

  • HBC/TBS「うたばん」12月21日放送

桜塚やっくんがかつて組んでいた「あばれヌンチャク」のネタが。

音声だけの紹介だったのだが、あれは数あるネタの中でもより黒いネタだから、

あーいう仕様になるのも仕方ないかと思った。大体、他のネタもあんな感じ*1です。

 

EXILEとの「レシーブ25」のあの決着の付き方は、

今までバラエティ的に通ってこなかった部分なので、斬新に見えた。

*1:「ち○ま○子ちゃ○」の友○じいさんにソックリなキャラクターが毎回滅茶苦茶な扱いに。特にこのネタのオチはゴールデンでは刺激が強いか…?

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

今年の正月はなんだか楽しそうだ 

毎年この時期になるとTV番組表とか買って年末年始に備えるのだけれど、

HTBが今年は「朝までたけし的ショー」と「朝まで正直しんどい」を放送するそうだ。

今までこういう類は避けてきたHTBに一体何が?

まぁ、個人的には願ってもないことなのでありがたく受け取る所存で。

 

また大晦日の日、STVが随分と久しぶりに「ZAIMAN」の放送を。

思えば、一番最初に放送したときも4年前の大晦日だったような…。

 

あと、HTBの1月5日深夜に書いてある「紳助くん」って、もしや…。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

一般の新聞ではあの大物に隠れてしまったけど… 

http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061220-132961.html

お笑い、カンニングの中島忠幸さん死去(nikkansports.com/2006年12月20日付)

第一報を聞いた時の正直な感想は、「そうか…」と思った。

中島さんの病気というのは2年前に各所で報道されていたわけで、

9月の清水さん*1や11月の村田さん*2の報を聞いたときとは違い、

非常に落ち着いて受け止めた。しかし、何というか、やりきれない。

 

若いお笑いファンはもちろんのこと、私達より上の世代、

私達よりも長きに渡ってお笑いを見てきている人達でも、

ここまで立て続けに訃報が飛び込んでくるという経験は無かったと思う。

ベイブルースの河本さん*3やピグモン勝田さん*4など、

若くして亡くなられたお笑い芸人さんはいらっしゃるけれども、

今回のように、ここまで近い時期に亡くなられた例は聞いた事が無いので、

おそらく、私達よりもショックは大きいような気がする…。

 

ちょうど、入院と時を前後してリリースされたDVD「カンニングの思い出作り」が、

本当に思い出作りになってしまったのが、残念でなりません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

カンニングの思い出づくり [DVD]

カンニングの思い出づくり [DVD]

*1:大阪を中心に活動していたピン芸人の清水キョウイチ郎さん、享年42歳。

*2:元「フォークダンスDE成子坂」で、鼻エンジンの村田渚さん、享年35歳。

*3:大阪吉本で将来を有望されていたコンビ「ベイブルース」のメンバー。劇症肝炎により死去、享年25歳。

*4:大川興業のピン芸人。公演中の転落事故により死去、享年26歳。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

もう一度「青島だぁ」が見たかった 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/obituary/story/061220jijiX897/

青島幸男前東京都知事が死去=放送作家、タレント、参院議員で活躍 (時事通信)

以前、青島さんが日テレの「爆笑問題のススメ」に出演した時に、

「シャボン玉ホリデー」でやらかしたエイプリルフールネタの話が忘れられません。

いきなり口パクで話し始めて、視聴者に「今、ボリューム上げた?」とか聴いたり、

砂嵐のイラスト揺らして視聴者を困惑させてみたり…。*1

 

今のテレビじゃあ出来ないだろうねぇ…。

 

ご冥福をお祈りします。

*1:ちなみに、二つとも事前打ち合わせは無かったので、放送後にかなり叱られたとか。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

初めて年齢を知りました 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/obituary_2/story/20kyodo2006122001000363/

女優の岸田今日子さん死去 「砂の女」などの個性派演技 (共同通信/2006年12月20日付)

「演劇集団 円」は先月、代表の仲谷昇さんがお亡くなりになられたのですが、

まさか続けてこうなるとは思っていなかった。

 

かなり前から存じ上げておりました*1が、76歳だったのですか…知らなかった。

 

ご冥福をお祈りします。

*1:ただ、拝見する場がいっつも、明石家さんまの番組だったりする。「有名人の集まるお店」とか「お台場明石城」とか。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

漫才する人 

  • HTB「M-1グランプリ2005(再編集)」

去年の再放送は放送して、事前番組は放送しないのは変じゃないか?

まぁ、お笑いブームを微塵も感じられない北海道だからねぇ…無理か。

 

改めてこの戦いを見ると、今年の決勝ではよほど頑張らないとダメだなと思う。

笑い飯なんかは「ないなー」と「ハッピーバースデー」と凄いの二つで2位だから、

それ以上のものを持ってこないとかなり厳しくなってくるなぁ…と。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0