01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

あなたの同人作家度鑑定します 

http://bom-ba-ye.com/c.cgi?tsumori=1

あなたの同人作家度鑑定します

はてなダイアリーに移ってくる前、CGIBOYにいた頃にやったんですが、

知り合いのサイトのログを読んでいて懐かしくなったので再挑戦。

<結果>

いとうさんは同人作家に割と向いています。「駆け出し同人作家」の称号を与えます。

あなたのマニア度は70センスです。まぁ、平均的なオタクと言えるでしょう。同人に関わるにはちょうどいい濃さです。

あなたの想像力は80センスで、平均的なオタクです。その想像力を同人作品にいかしましょう。

あなたの画力は0センスと低めです。絵を描くのは諦めるか、今から猛練習しましょう。

あなたの文章力は60センスで高めです。おそらくあなたの文章は多くのファンを魅了するでしょう。

あなたの意欲は110センスと高めです。同人で身を滅ぼしかねないその情熱には敬意を表します。

あなたの読解力は130センスで同人誌の読み手としては申し分のない方です。これからもたくさんの作品を読んで同人ライフを楽しみましょう。

あなたのパロディ度は70センスで至って平均的なオタクです。パロディ同人に向いています。

多少の画力があるものの全体的に凡才のあなたは読み専で一生を終えるでしょう。同人作家になるには毎日の努力が大切です。

たしか、以前は画力が10センスだったと思うんですが、更に落ちてます。

総評の"多少の画力があるものの"が嫌味にしか聞こえません。(^^;)

"割と向いてる"と言いながら"読み専で一生を終える"って、どっちつかずだし。

 

ゲスト原稿1回しか経験の無い私はこんな感じでした。

 

実際に書いてる人はどうなるんでしょうねぇ…。

スポンサーサイト

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

くるぽっぽー 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/china_news/story/28reutersJAPAN248818/

中国の研究チーム、ハトのリモコン化に成功 (ロイター/2007年2月28日付)

拡大写真が用意されてますが、拡大してまで見る人はいるのか。

そして…、

ただ、リモコン操作できるハトの実用化が何を意味するのかについては触れられていない。

上記記事より抜粋

触れられる人、いるんか。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

すごいよ倉橋さん 

  • スペースシャワーTV「MUSIC CAPSULE 倉橋ヨエコ特集」2月23日放送

こういう歌謡曲系の人って意外と多いんですけど、倉橋さんは何かスゴイ。

インタビューパートでは至ってフツーの感じの人なんですけど、歌が始まると、

これ以上無いぐらいの"尽くす"方面の歌詞がどんどん押し寄せてくるんですね。

それは、はっきりとわかるものから、かなりぼやかせてあるものまであって、

一度聴いただけでは把握できないものがゴロゴロしてましたね。

<オンエア楽曲>

  • 損と嘘
  • 盗られ系
  • 人間辞めても
  • 東京ドドンパ娘
  • 恋の大捜査
  • 東京
  • 白の世界(LIVE)
    • 「損と嘘」のみフルコーラス。

この曲順も出来過ぎですよ。最初に濃い曲で視聴者掴んでおいて、

後半に聴かせる曲が並んでますからねぇ…。お見事。


倉橋ヨエコ「楯」

D

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

3年半のブランクはノウハウを忘れさせるのには十分過ぎる期間ですよ 

  • NHK総合「着信御礼!ケータイ大喜利」2月24日放送

去年の夏に初めて見逃して以来、結局随分空いて7ヶ月ぶりの視聴となりました。

で、今年からケータイを持たされるようになったので、参加してみようかなと。

 

総数が20万通っていう時点で恐ろしいまでの競争率である事は承知の上でしたが、

それ以上に、およそ3年半ぶりの大喜利挑戦で感覚をキレイサッパリ忘れてました。

何にも出てこねぇ。

ホントに、ケータイの画面見ながら「私ってこんなにアカン子やったっけ?」って、

お題が出る度に思ってましたからね、捻り出しても残りカスみたいなのしか出てこない。

 

次回は3月31日だそうですけど、どうしようかな~…コレ。

Category: テレビ(全般)

tb 0 : cm 0   

単にメモ 

明日25日の午後9時からNHK BS2で「大阪発疾走ステージ WEST WIND」、

出演はabingdon boys school、アジアン、スマイル、THEイナズマ戦隊など。

それにしても、THEイナズマ戦隊は酪農学園出身だから北海道かなと思ったら、

4人中3人は大阪出身なんですねぇ…。知らなかった。*1

*1:北海道出身は1人だけ。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

ハヤシづくし 

  • スペースシャワーTV「NEU!!!!」(初回放送:2月16日)

POLYSICSハヤシがMCを務める番組にPOLYSICSがゲストで登場、

だからなんでしょうか、やりたい放題やってるんですよね。

 

そもそも、ハヤシがMCを務めてるんですよ、それなのに、

ゲストの方にもハヤシがいるんですよ。

簡単に言ってしまえば合成でやってるんですけども、

POLYSICSってトークの殆どをハヤシが担当してるんですよ、なので、

画面を見ないでいると、今発言しているのがMCのハヤシなのか、

それともゲストのハヤシなのか、全然わからないという状態に。

 

しかし、本当の見所は一番端に座っていたドラム担当のヤノでした。

他のメンバー、フミやカヨがフツーに喋っているにもかかわらず、

ヤノだけは一切言葉を発せず、画面に表示されるテロップのみで意思を伝える*1という、

受け止める側が身内じゃないと出来ないようなパワープレイを展開。

 

まぁ、そんな異様な風景とは裏腹に、音楽面の話題はいつも通りだったたので、

POLYSICSファンは満足したのではないでしょうか、私もそうですけど。

*1:テロップの出方も、「手から衝撃波」「想像で補う」「粉を吹きかける」と様々。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

視聴者がトランス状態 

  • UHB/フジテレビ「爆笑レッドカーペット」

昔、「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」で、KANの「愛は勝つ」に乗せて、

色んなものがベルトコンベアーで流れてくるやつが大のお気に入りだったんで、

芸人がネタが終わった後にレッドカーペットで舞台袖に流れていく時とか、

異様に興奮するんですよ。

そこに興奮し過ぎて何組かネタ憶えてないですからね、ホントに。


<レッドカーペット>

  1. パッション屋良「おもちゃのチャチャチャ」(中笑い)
  2. 超新塾「応援団」(大笑い)
  3. 笑い飯「野球の審判」(中笑い)
  4. ザ・たっち「タッチ」(中笑い)
  5. ストリーク「矢野」(大笑い)
  6. TKO「知ったかぶり」(中笑い)
  7. オオカミ少年「声出し練習」(中笑い)
  8. バカリズム「トツギーノ」(中笑い)
  9. 鎌鼬(かまいたち)「チャン・ドン・ゴン・ゲン」(中笑い)
  10. たむらけんじ「アンケート/アントニオ猪木」(中笑い)
  11. ホリ「絶対言わないこと」(大笑い)
  12. 春田和幸「長渕剛のABCの歌」(中笑い)
  13. クールポコ「男は黙って」(中笑い)
  14. 天津「オタク」(中笑い)
  15. アイパー滝沢「極道替え歌」(中笑い)
  16. ハイキングウォーキング「ゲップをせずに徳川十五代将軍を言う」(大笑い)
  17. 若井おさむ「アムロ、ファミレスでバイトする」(大笑い)
  18. ギャロップ「谷村新司」(大笑い)
  19. くまだまさし「子育てって大変ね」(中笑い)
  20. あべこうじ「体操のお兄さん」(中笑い)
  21. 安田大サーカス「戦隊ヒーロー」(中笑い)
  22. ますだおかだ「卒業式」(大笑い)
  23. 猫ひろし「ギャグ100連発」(中笑い)
  24. にしおかすみこ「高橋克実/犬神家」(中笑い)
  25. FUJIWARA「体操のお兄さん」(大笑い)
  26. とろサーモン「釣り/テンションの上がった外国人の話の終わらせ方/エイリアン」(大笑い)
  27. 博多華丸・大吉「児玉清」(大笑い)
  28. ダイノジ「ベテラン漫才師」(大笑い)
  29. 柳原可奈子「カリスマショップ店員」(大笑い)
  30. ムーディー勝山「右から左へ受け流す」(大笑い)
  31. 品川庄司「庄司くん家」(大笑い)
  32. チュートリアル「10回クイズ」(大笑い)

<カムバックレッドカーペット>

  • ムーディー勝山「上から落ちてくるのを見てる」(大笑い)
  • TKO「スローモーション」(中笑い)
  • パッション屋良「ABCの歌」(中笑い)
  • バカリズム「トツギーノ」(大笑い)
  • FUJIWARA「怖い話/一発ギャグ」(大笑い)
  • 柳原可奈子「総武線の女子高生」(大笑い)
  • ハイキングウォーキング「ゲップをせずに山手線の駅名を言う」(大笑い)

 

レッドカーペット賞は柳原可奈子。


まとめ

  • 大笑い
    • ギャロップ、品川庄司、ストリーク、ダイノジ、チュートリアル、超新塾、とろサーモン、ハイキングウォーキング(1/2)、博多華丸・大吉、バカリズム(2)、FUJIWARA(1/2)、ホリ、ますだおかだ、ムーディー勝山(1/2)、柳原可奈子(1/2)、若井おさむ
  • 中笑い
    • アイパー滝沢、あべこうじ、オオカミ少年、鎌鼬、クールポコ、くまだまさし、ザ・たっち、たむらけんじ、TKO(1/2)、天津、にしおかすみこ、猫ひろし、バカリズム(1)、パッション屋良(1/2)、春田和幸、安田大サーカス、笑い飯

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 3   

ただ流れてるだけでもええねん 

  • MUSIC ON! TV「in Focus ウルフルズ特集」

90年代後半の大ブレイクから、近年の作品までずら~っと。

M-ON!にしては珍しく時系列順に並んでて、結構見やすかったり。

 

いやぁ…どの曲もめっちゃええねん。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

ミラクルのぶ代 

  • UHB/フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」2月15日放送

「ムダ・ベストテン」で大山のぶ代のブロック崩しが再びフジに登場。*1

ちゃんと大画面も用意してセッティングしたのに開始を待たずに次の人に移ったり、

三原じゅん子が氷を頭突きで割った際に、よそ見して一機失ったり、

収録終わってスタッフがセットの片付けに入っても延々と続けたりと、

結局その日の話題のほとんどを掻っ攫って行ったのは見てて圧巻。

 

ついでに、三村の暗算が常に5違いだったのは、アレは神降りてたと思う。

*1:前回は「トリビアの泉」レギュラー最終回にて。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

物凄い肝っ玉 

http://d.hatena.ne.jp/mohri/20070216/1171601221

ジャスラックがはてなを訴える日も近いな。(in-between days/2007年2月16日付)

突然の登場という事で、全く知りませんでした。

 

それにしても、近年JASRACの暴挙という暴挙が横行してる最中にあって、

よくこんなものを開始してしまえるなという、はてなの肝っ玉の据わり方に驚き。

Wiiにまで対応させちゃって…本気じゃないですか。

 

正直、大きな期待ではないけれど、何かやってくれるんじゃないかという、

ポジティブ方面の考えはありますけどね、今の世の中を見てる上では。

ユーザーのニーズに答えるという事は客商売として至極当たり前なのに、

それを全く行おうとせずに、むしろ厄介者潰しに躍起になる業界の醜態を、

嫌というほど見せ付けられてますからねぇ…。

 

とりあえず、YouTube日本上陸のアシストになれればイイナ!と。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

これはもはや映画の宣伝番組ではない 

  • UHB/フジテレビ「カノッサの屈辱2007 バブルへGO!!SP」2月14日放送

北海道ではようやく放送されました、この番組。

キー局での放送枠が月曜の深夜*1だったので、絶対あると確信はしてましたがね。

 

映画の宣伝のために伝説の番組を新作で復活させてしまうホイチョイの根性もすごいが、

クオリティが全然落ちてないというのも驚くべき事ですよ*2、ホントに面白い。

 

私は今年になってようやく携帯を持たされた、いわば"携帯一年生"なもんですから、

この携帯電話の歩みなんていうのはもう、知らないことだらけですよ。

個人的には女帝ノリカテリーナの余談で突然何の前触れもなく出てきた、

よしもトルコ王国のシャー・ジンナイ…あのくだりはグッときましたが。

*1:UHBでは水曜の深夜にきちんとした枠がある。

*2:いや、私はリアルタイム世代ではないですけども。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

南のお笑いに触れる 

  • AQステーション「第1回 新春!Oh笑い O-1グランプリ」2月12日放送

ラテ欄にたまたま載っていたのでチェック。

沖縄で年始に放送されたお笑いのコンテスト番組だそうで、

全然見たことの無い芸人さんも随分とたくさんおりました。

2月17日にリピートがあるようなので、気になった方はどうぞ。

<出場者(事務所)>

  • プロパン7(FEC)
  • ベンビー(オリジン)
  • ハンサム(FEC)
  • いさお名ゴ支部(FEC)
  • ログイン(オリジン)
  • こきざみインディアン(オリジン)
  • しゃもじ(オリジン)
  • ノーブレーキ(オリジン)

<審査員>

  • the do-nuts
  • ゆうりきや~
  • キャンヒロユキ

<1回戦(制限時間2分)>

  • プロパン7 (漫才)「葬式」
    • "DA PUMPのSHINOBU"や"ブルース・スプリングスティーン"っていう人選がかなりイイ。
  • ベンビー (コント)「幽霊の授業」
    • 先輩幽霊が不甲斐ない新人幽霊に授業を行うという一人コント。そういや、相方募集中とか言ってましたけれども、ぶっちゃけ、ゆうじろうと組んじゃえよと。L-1の時もいい塩梅だったじゃないかと。*1
  • ハンサム (漫才)「結婚式」
    • 設定自体はありがちなものなんですけど、ボケがオチ前まで突っ走ったまま止まらないんですよね。ツッコミは掛け声みたいに突っ込むしかなくなってて、独特の雰囲気は醸し出してました。ていうか、ツッコミの人の芸名「This is 金城」って何やねん。
  • いさお名ゴ支部 (漫談)「トカゲの呼び名」
    • ポリバケツから出てきて、名護の方言でトカゲの呼び名について文句を言うというもの。というか、ここまで説明に困る芸風も珍しいね。何故ポリバケツに入ってるのかっていうのも全然わからないんだけど、ネタ時間2分で、あそこまで息上がる人もいないよなぁ…。
  • ログイン (コント)「親子」
    • 明らかに外人であろう息子と日本人の親父のコント。何故かイントネーションがかなり標準語に近かった。コントだからでしょうか。オーソドックスなネタだけに結構堅実でした。
  • こきざみインディアン (漫才)「豆まきの鬼」
    • オンバトでは局に気を使って"こきざみ"で出てた人達です。メジャーどころでは2丁拳銃やりあるキッズがよくやってるような、一つの設定でいくつもボケを用意するタイプの漫才でした。結成9年と結構長いことやってるだけに、かなり安定してましたね。
  • しゃもじ (漫才)「アンパンマン」
    • 事あるごとに"地方芸人の大会で優勝"*2という触れ込みが出てきましたけど、ホントに他の芸人さんとは格が違いましたね。多分これ、その時の大会でもやったネタだと思うんだけど、やっぱりイイですね。
  • ノーブレーキ (漫才)「スパイダーマン」
    • こう、実力派が2組も続くと、パンチ力では劣るかな~…とも。見た目の風貌はかなり特徴的でした。

得点集計中はthe do-nutsのステージ。


しゃもじ(97点)、こきざみインディアン(82点)、ログイン(71点)、プロパン7(70点)が準決勝進出。


<準決勝(制限時間3分)>

ログイン VS こきざみインディアン

  • ログイン (漫才)「ハリウッド版ゴジラ」
    • こうして漫才とコントを同じ日に続けて見ると、どっち向きなのかがわかるような気がした。最初のモノマネの影響からなのか、どうしても乗り切らない感じが…。
  • こきざみインディアン (漫才)「旅番組」
    • ○ルルン風の旅番組のネタ。まぁ、よく動くわねぇ~。(^^;)

38対86でこきざみインディアンが決勝進出。


  • プロパン7 (漫才)「ピッチャーがやりたい」
    • まぁ、タイトル通りのネタなんですけどね。沖縄色全開でした。
  • しゃもじ (漫才)「いろんなものを変える」
    • 歌やメッセージなどを変えてみるネタ。

83対86でしゃもじが決勝進出。


<決勝(制限時間3分)>

  • こきざみインディアン (漫才)「トイレを覗かれる」
    • なんか、淡々としてるのが逆にいいなぁ…。ネタ的に全編シモネタなんですけど、かなり清々しいんですよね。このネタでこういう方向に持ってきてるっていうのが腕あるなぁ…と。
  • しゃもじ (漫才)「日本語学校の卒業式」
    • 最後まで"地方芸人の大会で優勝"という触れ込みはくっついたままでした。標準語の人がカタコト日本語の外人さんをやるよりも、ここみたいに訛りがある人がやったほうが、味は確実に出てくるよね。これだけ同じ日にネタやってこの水準をキープするのって大変な事よ。

63対86でしゃもじが優勝。トロフィーと賞金15万円獲得。

http://naha.keizai.biz/headline/40/index.html

沖縄のお笑いグランプリに「しゃもじ」-O-1グランプリで(那覇経済新聞/2007年1月4日付)

でも、一番印象に残ったのは、予選会場で物凄い顔芸を披露してた、

女性芸人のドンナ・オルカなんですけどね…あの人、同い年なんだよねぇ。

*1:ファミリー劇場「ますだおかだの出たぁトコ勝負!」で行われたローカル芸人の大会「L-1グランプリ」では、同じ事務所の久野雄次郎と「ベンビー&ゆうじろう」として出場。

*2:上記の大会で優勝。賞金とB1角座出演権を獲得。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

R-1の決勝進出者がすごい事になっちょります 

今年はあんまり注目して見てなかったっていうのもありまして、

そろそろ発表かな~なんて思って見に行ったらあのメンツですよ、ビックリだね。

個人的に浮かんでいた優勝候補の人達は全員落ちてたのでねぇ…。

<決勝進出者>

ウメ(ソニーミュージックアーティスツ/初進出)

大輪教授(ケイダッシュステージ/初進出)

徳井義実(吉本興業大阪/初進出)

土肥ポン太(吉本興業大阪/初進出)

友近(吉本興業東京/5年連続5回目)

なだぎ武(吉本興業大阪/初進出)

バカリズム(マセキ芸能社/2年連続2回目)

やまもとまさみ(マセキ芸能社/初進出)

Category: お笑い(R-1ぐらんぷり)

tb 0 : cm 0   

アンタは一流パフォーマー 

  • HBC/TBS「オビラジR」

2ヵ月半ぶりの視聴で、アグリカルチャーズの登場に驚く。

最後にテレビで見たのって、3年前の「学校へ行こう!」だからねぇ…、

相変わらずの異様な力の入りっぷりと、異様なアクの強さ…参りました。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

目が細い 

  • UHB/フジテレビ「笑っていいとも!」

今日のテレフォンゲストはイノッチだったわけですけど、

ジャニーズの人が来ると、名前を呼ぶ前から黄色い声援があるはずなんですが、

何故かイノッチには特に事前の声援は無し…何が違うのだろうか。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0