04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

皆同じ事言うとります。 

http://d.hatena.ne.jp/nizukakotaro/20070530/1180540810
ドラえもん最終回 勝手に出版 : 時事ドットコム(一汁一菜絵日記帳/2007年5月30日付)

ここまで皆、意見が一緒だとはねぇ、ここ最近ではあまり無いですよ。
先月、パンチクラブで「日本オタク大賞06/07」という番組があったんですけど、
やっぱりそこでも岡田斗司夫さんは同じ事言ってました。流通はねぇ…。

某所の方も言っていたのですが、この件で一番怖いのは、
最近他ジャンルの著作権管理に意欲的なJASRACにこれを利用される事ですよ。
正直、音楽業界での彼らの傍若無人な動向を見てる限りでは、
同人市場が、体のいい金づるとしか写らないかもしれませんからね、
出版社と違って、それ自体が潰れようが金さえ取れれば自分らには痛みは無いですし。

米澤さんがお亡くなりになってから、沸いて出たように増えましたねぇ…こういうの。
スポンサーサイト

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

マキシマム派手。 

070526_1644~01.jpg










昔、「タモリ倶楽部」でも紹介されてたんですけど…、この色どうですか?

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

最後の数行だけに触れてみた。 

http://d.hatena.ne.jp/toronei/20070529/R
あそこまで言っておいて、これで済ませるのか?とは思う。(昨日の風はどんなのだっけ?/2007年5月29日付)

競馬に関しては、私は完全に専門外なのでねぇ…。
本題に全く触れないのに取り上げていいのか…というのもありますけど、
どうしても、あーいう感じの事が書いてあると触れたくなるんですよ、スイマセン。

一番最後にチョロっと書いてあるだけなんですけれど、
"腹立つブログなら読まなきゃ良いじゃん"なんて、誰だって思ってるかもしれないけど、
それを実践に移せる人がどれだけ少ないか…殆どの人は出来ません。
blogに限らず、どんな世界にもそういう人はゴロゴロいます、
以前、Amazon.co.jpの「ネギま!?」のページを見に行った時にも、
そういう人は山ほどいましたし、実際に"見なければいいじゃない"ていう意見も出てます。
でも、その意見を受け止めて実践できる人は…あの感じではいないかも…。

この問題は、一度語り始めちゃうと永遠に続きそうなんで怖いんですけど、
もう、人間自体がそういうふうに出来てるとしか、私は思えないんですけどねぇ…。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

現在、ローカルでやってる作業。 

一つのものに集中できない性格が、全てのコンテンツの進行に影響が出てます。
今の所、こういう作業をしていることを、一旦ここで報告させていただきます。

-- 続きを読む --

Category: 報告(Web更新・その他)

tb 0 : cm 0   

求められても何も出ないゾ。 

この記事は5月29日に書かれたものです。

http://d.hatena.ne.jp/shindou/20070528#p1
天体観測(みんなの予想を超えて@はてな/2007年5月28日付)

目立った記事も書いてないのに、朝10時の段階で昨日のHit数を上回ってたので、
何が起きたのだろうと調べたら、こういう感じになってました。
トラックバックは飛ばしてないみたいなんで、他の所は気づいているかどうか…、
ウチは普段のHit数が20~30程度ですから、アクセス数で何とかわかりましたが…。

この存在を知って改めて、19日前に自分が書いた記事を読み返してみたんですけど、
結局、わかりやすい解釈を出した以外は、あまり事態に深入りしていませんねぇ…、
まぁ、あの発端となった映像を視聴できる環境に無かったのもあったと思いますけども。

流れについていけずに離脱した私が一人で考えても何も出てこないので、
ここに載ってる他の方が何か書いていないか見に行ったんですが…。

http://d.hatena.ne.jp/Sugaya/20070526/1180172036
昨日の風は何処吹く風~総括~(NOT FOUND-演芸雑想ノート-(蘇)/2007年5月26日付)

日付もありますし、当人の事が出てますから、既に確認済みかもしれませんが、一応。

先日の「ゲツヨル!」が松本人志初監督作品「大日本人」に関するものだったんですが、
その際インタビューで、松ちゃんは"賛否両論じゃないと笑いは残らない"と言いながらも、
"否は否で、聞いてたらムカついてくるしねぇ…"という発言もしてるわけで。

私は、菅家さんが分析した織田さんの行動原理は…そうかもしれないと思いました。
このインタビューを見て、改めてこの件について考えてみても、
織田さんが、この件に関して松ちゃんを引き合いに出したのもうなずけますし、
それで考えると、品川のあの発言に引っかかるのも…無理はないなと思いますね。









ゴメン、これ以上は無理だわ。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

悲しみの裏で悪ふざけをする人。 

http://www.asahi.com/national/update/0528/TKY200705280107.html
ZARD坂井泉水さん、闘病中の病院で転落死(朝日新聞/2007年5月28日付)

実は、入院していたことも知らなかったんですけれども、これも伏せてたのでしょうか、
あまりにも突然の出来事だけに、最初は耳を疑ったんですけども。
病気が直接の原因ではないのが余計に悔やまれます…。ご冥福をお祈りします。

…で、これに関して、事実確認の為に、Wikipediaに行ってみた所…ビックリしたね、
まさかこんな大変な時にまであんな事をする輩が居るとはね…信じられんわ。
ちょうと私がアクセスした時にその項があったわけですよ、で、すぐ消えて。
当然、この事は当人とは一切関係の無い記述ですし、
今回はお亡くなりになっているわけですから…不謹慎過ぎる。

何故、こんな状況でそんなことするかねぇ…。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

「ボナンザブラザーズ(PCE版)」天邪鬼でスイマセン。 

070519_1728~01.jpgフジテレビ721の「ゲームセンターCX」でもMD版が登場し、
有野課長が割とすんなりクリアしてしまったアレですが、
えー…、今回紹介するのは何故かPCE版でございます。
普通なら簡単に手に入るPS2版を買うところなんですが、
ある情報サイトに載っていた、コレが気になってしまって…、
わざわざオークションで、4,700円で落札してまいりました。
(今、調べたらAmazonの方が3,000円台で安かったです)

ライバル機種ということで、発売元はSEGAではなくNECアベニューだったりするんですが、
どうもこのPCE版、オリジナルのアーケード版に非常に近づいてるみたいなんですね。
この記事を書くにあたり、Googleで色々と調べてみたのですが、
MD版は媒体がROMカセットで、容量の関係でステージ数が削減されていたようで。
PCE版はSUPER CD-ROM2という事で、全12ステージしっかり収録されています。

今回、実際にプレイしてみてやっとこの作品のストーリーがわかったんですけれども、
"主人公の二人がFBIからの依頼で、凶悪なシンジケートが支配する街に侵入し、
彼らの悪行を取り締まるのに必要な証拠品を奪取してくる"
というものらしいんです。
つまり、そうなると主人公は実は正義側についてるという事になりますねぇ…知らんかった。

難易度の方は…序盤はMD版よりも簡単になってる感じがしますね、
例えばSTAGE1の証拠品がMD版では4つに増えてますし。(PCE版では3つ)
ただ、その後はどっちが高いとかそういう事言える感じではなくなってきますねぇ…、
私は今のところ、STAGE7の宝石店までしか行っておりません…敵の配置が…。


今回はちょっと、このゲームを知っている方に対しての記事になってしまいまして、
知らない方々には…これは厳しいかもしれないんで詳しいサイトをいくつか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ボナンザブラザーズ
ボナンザブラザーズ(Wikipedia日本語版)
http://sonic.sega.jp/gems/games_bbros.html
ボナンザブラザーズ(隠しタイトル)(SEGA「ソニックジェムズコレクション」紹介ページ)
http://vc.sega.jp/vc_bonanza/
ボナンザブラザーズ(Wiiバーチャルコンソール紹介ページ)

現在は、Wiiバーチャルコンソールで600ポイントで購入できますので、
やってみたいと思った方は、私のようなマネはせずにそちらをどうぞ。

 

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

またまた著作権の話なんですが、その前に謝罪させてください。 

http://www.kajisoku.com/archives/eid1380.html
著作権法非親告罪化で同人完全死亡、ネットでパクりを糾弾袋叩きし放題(⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto/2007年5月21日付)

実はこの記事、あまりにもタイトルが血気盛んだった為にビビッて確認しておらず、
中身を見ないままある場所で言及した際、5文字ほどしくじってしまい、
その場所では間違いだったと一言残したのですが、あまりにも不安だったので、
日計20~30hitという、関係各位がやってくるかどうかすらわからないサイトですが、
ここで謝罪させていただきたいと思います、誠に申し訳ありませんでした。
これも全て中身を確認しなかった私のミスでございます。
上記記事の方々は非常に真摯な姿勢でこの問題に向き合っている真面目な方々です。

…えー、全く不安が拭い切れないまま本題に突入することになってしまったのですが…、
上記記事の49番と219番以外の発言は、かなり的を得てると思うんですよ。
ここ最近のJASRAC音楽以外のジャンルの著作権も守りますとか言ってますが、
236番や252番がおっしゃっている事だって、JASRACは平気でやりかねませんし、
426番のこの例があるように、本当に文化自体が大変な事になる可能性もありますし。

一部の悪質なものを取り締まりたいのであれば、きちんと個別に対策をとればいいだけで、
こういった法案を出してしまうのは…どうしても、組織の怠慢に見えてしまうのですが…。

…と、最初の発言から2時間半経ちますが、未だに不安が拭いきれません。
もう一度言いますが、上記記事の方々は本当に真面目な方々です、
私も皆様のこの姿勢を見習い、この問題をしっかりと追って行きたいと思っております。








…今日、眠れないかも…。
-- 続きを読む --

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

田島君22歳。 

フジテレビ721「復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル」5月25日放送


北海道は地上波放送が無かったのでようやく見ました…凄いねぇ、コレは。

マリエがこの番組にキャスティングされていたのはかなり謎なのですが、
トマトちゃんやらロボットくんやら、あの面々と堂々と渡り合えてたのはイイ。
微妙にかみ合ってるようで実はかみ合ってない雰囲気もなかなか。

で、後半は何故か若干…いや、かなりドキュメンタリーな感じで、
各方面で話題になっていた"リアルなニート"のウゴウゴくん特集。
わざわざスイスから大坪千夏も駆けつけてかなり凝ったつくり。
たしかにコレは話題になるわ…だって、ホントにニートなんだもの。
いかんせん、年が近いもんだから自分も妙に不安に…。

随所に登場するおなじみの面々も、当時見ていた身としてはかなりグッときました。
何故か「じぶんさがし2007」だけ当時より映像が汚くなっていたのがまた…。
ミカンせいじんは、当時よりも表情が若干豊かになってたんですけれども、
あそこで登場した緑色の巨大な物体は一体…。

http://d.hatena.ne.jp/TheMan/20070520/ugougo
「復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル」(TheManのつわもの迷走記/2007年5月20日付)

私は、CSでやってる再放送とかもたまに見るんですけれども、
多分、3Dだと思い込んでいた最大の原因は、殆どのキャラクターが、
登場時に回転しながら出てきてたからなんじゃないでしょうかねぇ。
今回の放送でもブタくんは横回転しながら出てくるのがわかりますし。
登場から完璧に2Dだったのはシュールくんとプラネットちゃんぐらいかも…。

まだ迷ってます…発売が10月だからイイかな~…と。
-- 続きを読む --

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

とうとう来たか、と思った。 

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/
entertainment/tv_show/story/25sponichitycb005/

低迷「笑金」6月で打ち切り(スポーツニッポン/2007年5月25日付)


この事実を知っても全く驚かなかったのですが、皆さんはどうでしょうか。
笑いの金メダル」というタイトルで、"金メダル"が機能しなくても問題はないけど、
"笑い"が機能しないというのは大きな問題だと思ってたんですけども…やっぱりかと。
リニューアル一発目を見て、自分としては珍しく"見限る"という行動を取ったのですが、
ここまで早くに打ち切りが決定するのであれば、残しておけば良かったかも…と。

 

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0   

リアルタイムじゃないけれど。 

STV/日本テレビ「ゲツヨル!」5月21日放送

普段全く見ていない番組を見る気になったのは、やっぱりHASのお三方が出るから。
今から29年前に「YMO」を結成、日本のみならず世界にも影響を与えたお三方。
私は86年生まれなので、当然の事ながらリアルタイム世代ではないのですが、
このジャンルの音楽(YMO含む)を好んで聴いたりしていたんで、ドキドキしてました。
教授細野さんもホントに白くなって…幸宏さんはイマイチ実年齢が読めない顔ですが。
(実際は教授55歳、細野さん59歳、幸宏さん54歳)

インタビュアーが、かつて劇団ごとYMOのアルバムに参加していた三宅裕司という事で、
YMOとSETの合同コント(多分、トラック8「SET+YMO」)を全員で聴いたり、
「また(お笑い)やってみたい?」という質問に、割と明るく答えていたりが印象的。
教授の「笑い飯が良い」発言への、幸宏さんの「NYだから時差あるんですよ」にグッときた。



実際の放送では中期YMOのジャケ写だけ全く出なかったんですが、
「BGM」は世間一般のYMOイメージだけで聴くと、間違いなく驚くでしょう。
"最高傑作"と言われている「テクノデリック」は…まだ聴いてません。

「体操」だけは聴いた事ありますが。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

缶詰の躍進。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000010-gen-ent
アキバ系B級グルメ「ラーメン缶」ヒット(Yahooニュース:日刊ゲンダイ/2007年5月20日付


地元の人気ローカル番組でも取り上げられていたんで知ってたんですが、
この記事で他のラインナップを見て気づいた…主食系ってコレだけやん。
他は「おでん」「肉じゃが」「筑前煮」と全部惣菜系なんですけど、コレだけ。

こんにゃく麺は"考えたな~"って思いますけど。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

"呆れる"というのは、こういう事かもしれない。 

http://d.hatena.ne.jp/BlackSun/20070522/1179838877
みんな滅ぼしてやる…(俺は此処に居る/2007年5月22日付)
http://d.hatena.ne.jp/nizukakotaro/20070523/1179855299
【著作権】とんでもない法案が審議されている:たけくまメモ(一汁一菜絵日記帳/2007年5月23日付)

昨日のあっちゃふっちゃした記事で一旦打ち止めようと思ったんですけど、今日も。

上の記事、人間が本当に呆れてしまった時って、ここまで言えてしまうんだなと思った。
一番最後に、捨てゼリフのように言い放った「一度滅べばいいんじゃない?」は、
ネット界隈の"叩き大好き"な人達に対する強烈な皮肉にも聞こえます。

今回に関しては、あまりに怖くてスレ紹介系のblogすら見に行ってないんですが、
"そういう法案がある"と聴いただけで、喜び勇んで大騒ぎしてる人達は、
実際に市場が壊滅して、ぺんぺん草も生えないような状況になって、
そこでようやく事の重大さに気づくレベルまで行ってるのかもしれませんね。

で、下の記事、6年ぐらい前に"メディア規制3点セット"なるものが注目を浴びていて、
その時にまとめサイトをやっていた管理人さんが、同人界のあまりの楽観視っぷりに、
記事総括の際に思いっきりブチ切れていた
のを見た事がある身としては、
実際に同人誌を制作したことのある「一汁一菜絵日記帳」のにづかさんが、
この話題について触れていたのは、ちょっと「おっ」と思いましたね。
にづかさんが最後に言った「○○○ンの○○ミ」は…そりゃ、絶対に無理でしょうね。
たけくまメモでも出てますけど、あんなことしちゃう会社ですから。

私はあの会社好きですけど、そういう部分は嫌だな…と。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

ただ単純に怖い。 

44番の記事を書いている最中、窓の向こうから奇妙な叫び声(?)が数回…。

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0   

はじけるバブル。 

HTB/テレビ朝日「ロンドンハーツ」5月22日放送

近年の青田典子…いや、バブル青田の躍進の裏にそんな事があったとは。
私はスポーツ新聞とか、そういうのは全然読まなかったりするので、
今回のこの話は本放送見るまでサッパリ…。ラテ欄見てもわからなかった。

出来すぎなんじゃ…と思うぐらい、青田さんの転換期と事の運びが被っていて、
公表が延び延びになったのも、何となくわかるような…って感じでした。
青田さんが「しっしっしってた~」を繰り出していた相手っつーのも…凄いよね、
フツーの人だったら確実に引くでしょうし…相当寛容なんでしょう。

…って感じだった番組のオチが「見せたくない番組4年連続No.1」て。
あぁ、やっぱりあの発表は単なる人気のバロメーターにしかならないんだなぁ…。

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0