FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

めがねのまちが生んだスター。 

スペースシャワーTV「ミュージックカプセル/レキシ特集」6月4日放送

2月末に放送された倉橋ヨエコ特集以来、4ヶ月ぶりに視聴、
今週遂にデビューを果たした、池田貴史のソロユニット「レキシ」の特集。
シャカッチ足軽先生(いとうせいこう)土器メン(箭内道彦)との対談、
池ちゃんの故郷・福井県鯖江市を舞台にしたプロモーションビデオ撮影、
更には、初回盤用の直筆ジャケット製作現場の模様と、
30分枠でありながらとにかく濃厚な番組内容で、個人的には大満足。

100s原田郁子スネオヘアーなどゲストの顔ぶれも豪華ながら、
アルバムの1曲目を飾る「歴史ブランニューデイ」のPV冒頭には、
福井県鯖江市の牧野百男市長も出演するという凄い展開になっております。
そもそもPVが"池ちゃんが東京から馬に乗って先祖の墓参りに行く"という、
かなり突飛な設定になっているので、市長の出演もフツーにアリだよな~と。
わざわざ、実際の池ちゃんの先祖まで出してきますからねぇ…。

あと初回盤用の直筆ジャケットは、1万枚書いたという事でギネス申請するらしく、
池ちゃんのこのユニットに対する熱意がかなり伝わってきますね。
私はもう既に注文したのですが…果たして初回盤は届くのでしょうか、
どうやら、池ちゃんが書いた大量のジャケットの中に、若干ながら、
ゲストミュージシャンの書いたジャケットも混じっている
ようで…当たるかなぁ…。

http://www.city.sabae.fukui.jp/pageview.html?id=4118&m=1
レキシ(池田貴史氏)プロモーションビデオ撮影(福井県鯖江市ホームページ/2007年5月10日付) 
http://ameblo.jp/hyakuo/entry-10033251410.html
鯖江の星・池ちゃんソロ・ユニット第一弾(『さばえ.jp』百さんのブログ/2007年5月10日付)
http://ameblo.jp/seikoito/entry-10033257889.html
readymade by いとうせいこう/2007年5月10日付

スポンサーサイト



Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

好みが絡んでくる話題はムズカシイ。 

http://d.hatena.ne.jp/BlackSun/20070603/1180885289
なんか微妙(俺は此処に居る/2007年6月3日付)

この日に記事にしているあたりで、関西在住という事がわかるので、
身近に居る関西在住の感想を見に行こうと思って調べたんですけど、
今現在誰も感想書いてないので、何とか調べた関東在住の方の感想を…。

http://d.hatena.ne.jp/TheMan/20070501/pink
「爆笑ピンクカーペット」(TheManのつわもの迷走記/2007年5月1日付)
http://d.hatena.ne.jp/yarisawa/20070430/1177943923
爆笑ピンクカーペット(雑じわる島宇宙/2007年4月30日付)

正直な話北海道では、今年の4月に深夜の単発1時間枠が消滅したので、
この番組の放送は絶望的なのですがね…いや、レッドの方は見てますよ。
どうしても、「爆笑レッドカーペット」という上位番組がある都合上、
こういうメンツになってしまうのは…必然なんでしょうけれども、
あのネタ時間では一発芸的な人達が有利になるのは致し方ないかなと。
レッドの方でも、しっかりした漫才を持ってきたダイアンは苦戦してましたし、
「ラララライ体操」をぶつけてきた藤崎マーケットはMVPになりましたからね。

私のコメントに対して、筆者のBlackSunさんが例えに出してたチョップリンは…、
基本的にあーいった、評価制のネタ番組に向いていない感じがしますからねぇ、
爆笑オンエアバトル」でもたしか4勝10敗(4/14)でKBも微妙な値が多いですし、
対戦形式だった頃の「笑いの金メダル」でも、末高斗夢にすら負けてましたし…。
同業筋からの評価はかなり高い位置まで来てるのは経歴見てもわかるので、
一般の評価制じゃなければ、チョップリンはハネると思うんですけどねぇ…。

まぁ、結局のところ、フツーの形式のネタ番組じゃないですからねぇ、
4分5分しっかり取ってるお笑い番組との比較は難しいのかも…。

Category: お笑い(全般)

tb 0 : cm 0