FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

不自由は嫌だ、怖い、規制反対。 

http://mal.cocolog-nifty.com/antena/2007/07/post_90b5.html
インターネット大検閲を狙う情報通信法構想に注意!!(MAL Antenna/2007年7月1日付)

以前紹介した、今一番ヤバイ法案の事なんですが…全く持ってその通り。
こんなものを許してしまえば、現在の政権が更に横暴になること間違い無し、
ただでさえ強行採決の連発で国民はおろか、議員までもないがしろにして、
多大な反感を買っているわけで…一体何様のつもりだろうか。

違法サイトは…ともかくとして、有害情報・有害サイトなんていうものは、
個人個人の考え方でいくらでも変わってくるものであって、
それを法律で判断するのはあまりにも無謀で無茶な事ですよね。

記事中盤の「不正コピー」や「青少年健全育成条例」の部分も気になる。
どちらも、業界や団体側の極めて一方的な対策ばかりが登場して、
プラスに働いたという話は、全くもって聞いたことが無い。
前者で言えば、レコード会社のCCCD導入やら、JASRACの横行
後者は意味をなしているのかはなはだ疑問な有害図書指定…

後半数行で大々的に書かれている、
"政治権力の暴走を防ぐ為の法律を、政治権力側が変えたがっている"という、
この記述もかなり的を得ているんじゃないでしょうかね。
今年5月に「国民投票法案」が与党側の強行採決で可決されましたけれども、
結局これを、そういう事に利用するつもりなんじゃないかと思うんですよね。
"ホントは自分達が変えたかったからなんだけど、それだとまずいから、
あくまでも国民が変えたいと意思表示したから変えたんだ"
みたいに。
そういう使われ方だって…今の政権だったら十分有り得ますし。

とにかく、言いたいことも言えないような世の中にならない為にも、
この問題には真っ向からぶち当たっていかないと…いけないですねぇ。
スポンサーサイト



Category: 世の中

tb 0 : cm 0