07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

コマンド入力できません。 

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1022358.html
格ゲーってなんでこんなに廃れたの?(痛いニュース(ノ∀`)/2007年8月25日付)

一番最初に目に飛び込んでくる、記事コメント2番は無視するとして、
この答えは記事コメント93番は端的に言ってると思うんですよね。

昔、わりとよく外出していた頃に、殆ど乱入される心配が無かった、
スーパーの一角にあるゲームコーナーで、初心者ながら格ゲーやってたんですが、
必殺技とかサッパリ出ないんですよ、一番簡単なコマンドのが精一杯で。
「ストII」で言うと波動拳ぐらいしか出せないようなレベルですね、昔も今も。
まぁ、別にそれで嫌いになったとかは無いですけどね、今もたま~にやります…家で。

結局、一見さんお断りのシステムと、それを良しとする玄人筋の方々の総意が、
現在の格ゲーの状態を作り上げたんじゃなかろうかと思うわけですよ。
で、上の記事でも現状に対する肯定的意見が結構見られますから…復活は遠いか。

<追記>
blogコメント54番に「実力を上げようと思わなくなった」っていうのがありますけど、
実力を上げる為にかかる出費を考えると…ねぇ、ヒいちゃいますよ。
スポンサーサイト

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

一聴き惚れ。(3) - BIGGA RAIJI「おなかの唄」(アルバム「あっぱれ!」収録) 

今、CSで「ゲームセンターCX」と共に毎回チェックしてる番組で、
スペースシャワーTVの「音知連」っつーのがありまして、そこで遭遇。
日本一でっかいレゲエDJBIGGA RAIJIにビビッときてしまいました。

「音知連」とは、いとうせいこう司会の音楽クイズ番組で、
この日の解答者ゲストは他にWISEDJ NON日華Metisだったんですが、
BIGGA RAIJIは一人で解答席に座ってるのに、二人いるように見えるんですよ。
それぐらいでっかいです。芸人で言うたら、安田大サーカスのHIRO君みたいな。

番組で流れた「おなかの唄」は…もうね、見た目通りというか、
"日本一でっかい"を最大限に生かした曲とPVで…一発で心掴まれました。(^^;)
それと、アレだけの巨漢が軽快なリズムを刻んでる姿は…かなりグッときます。





http://www.biggaraiji.com/index.html
BIGGA RAIJIオフィシャルホームページ
http://blog.livedoor.jp/mondaystaff/
BIGGA RAIJIとMiss Mondayのマネージャー奮闘記

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

いるだけ国王。 

カートゥーンネットワーク「水野キングダムLOVESパワーパフガールズ」8月26日放送

NINJA TOOLSに移転して最初に扱ったのがこの番組の話題だったのですが、
4月21日の本放送はものの見事に見逃しまして、今回ようやく視聴いたしました。

本放送と同じ月にパンチクラブ(MONDO21枠)でやってた「日本オタク大賞06/07」で、
唐沢俊一先生が言っていた発言が、今になってよ~くわかりましたね、ホントに。

「どんな番組であっても、自分の想像力の方がはるかに面白いハズと思っていたら、
最近、『ライオン丸G』とかね、さすがの俺もここまで想像しなかったっていうのが…(笑)」

(パンチクラブ「日本オタク大賞06/07 後編」での唐沢俊一の発言)

実際、これが発表された時は一体どうなるんだという不安もありましたからねぇ。
同人作家とかファンとかじゃなくて、現場の方々がこういうのをやるというのと、
何もかもが全く異なるジャンルのコラボレーションですから…ねぇ。
私はこういった、あらぬ方向にぶっ飛んだような試みは大好物ですから、
今回の再放送は結構楽しみにしてたわけですが…これは見事だね。

番組の方はというと、前半はパワパフ水野キングダムの平和を守るアニメパート、
後半は「特別国会」としてパワパフへの御礼を考える実写パートという構成。
-- 続きを読む --

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

十五年選手のゆる~い深夜番組。 

HTB/朝日放送「藤井陣内のザ・レジェンド」8月14日・21日放送

関西の方では、この番組より先に出ている似た番組があるらしく、
そちらを調べてみたら、20年ぐらい前の番組を参考にしててビックリ。

http://d.hatena.ne.jp/toronei/20070823/I
大阪が元気だった時代:一汁一菜絵日記帳(昨日の風はどんなのだっけ?/2007年8月23日付)

実は、この記事を書いた発端が、おりたさんのこの記事だったんですが、
この番組が意欲的かどうかはともかくとして、記事後半で挙げている、
MCの人選だとか企画の内容だとかがモロに当てはまるというか…。

…まぁ、そうは言っても、私はこの番組好きですが。

HTBは土曜朝にも、ウドちゃんがやってるメ~テレの旅番組をやってて、
自社でやってる「水曜どうでしょう」や「おにぎりあたためますか」も含めて、
結構そういうゆる~い雰囲気の番組とかを好んで放送してる気がしますねぇ。

初回・第2回の内容は、大正区で昭和の香りに触れるっつー内容で、
藤井陣内のはしゃぎっぷりが非常に面白おかしく感じたのですが…、
陣内はホントに天然やなぁ…。

http://www.asahi.co.jp/legend/
藤井陣内のザ・レジェンド(朝日放送公式)

Category: テレビ(お笑い・バラエティ)

tb 0 : cm 0   

一聴き惚れ。(2) - NON STYLE「ニコニコチャンプ」 

http://ja.wikipedia.org/wiki/ケロロ軍曹_(アニメ)
ケロロ軍曹(アニメ)(Wikipedia)


ケロロ軍曹10代目エンディングテーマは、NON STYLEとの事。
過去のケースと違って、特にニュースにもなってなかったようで、
昨日、たまたまWikipediaの項目を見ててこの事を知り、
早速、AT-Xの金曜23時枠でチェックしてみたわけですが…イイね、コレ。

ここ界隈の人はNON STYLEがどういう人なのかは多分知ってますが、
向こうの方々の中で、とくに調べてなくて知らないって人もいるかもしれないので、
ここで簡単に紹介しておきますと、彼らは吉本興業の漫才師でございます。
過去のJK(次長課長)きりんみたいに、誰かのプロデュースとかじゃなくて、
今回は歌ってる本人が楽曲を作ってますからねぇ…もしかしたらという事で。

ツッコミ担当・井上が作詞作曲したこの「ニコニコチャンプ」なんですけど、
さすが「Day of the legend」なんつー大層な名前で音楽活動してるだけに、
しっかりした作り且つ、「ケロロ軍曹」の一番大きいと思われる視聴者層に、
なじみやすそうな曲になってるのが…やるなぁ~井上って感じですかね。

ただ、Wikipedia「NON STYLE」の項目にも書いてあるんですけど、
石田の歌声殆ど聴こえねぇ…。






やはり知名度のせいでしょうか、Googleで「石田明」と検索すると、
同音異字の某人気声優の方に誘導されます。

 

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

肥大合戦。 

http://d.hatena.ne.jp/BlackSun/20070823/1187864436
今回のその時はいつでしょうか?(声:松平アナ)(俺は此処に居る/2007年8月23日付)

BlackSunさんがblogで取り上げてから気になって注目していた、
先日行われたコミケで起こったという"アキバデモ批判者襲撃未遂事件"のアレです。

詳しい経過はこちらに書いてあるのでどうぞ…ちょっとタイトルが物騒ですが。

http://www34.atwiki.jp/akihabarademo/
6・30アキハバラ解放デモ主催によるコミケテロ まとめ

こちらのまとめを見てもわかるとは思うのですけど、結局コレは、
"サークル間での揉め事"なんですよね、程度が厄介なレベルまで行ってますが。
それが、語る人によっては「コミケ襲撃犯」だとか「コミケ襲撃事件」とかいう、
あたかもコミケットというイベント自体が狙われたかのような書き方になってるのが、
非常にマズイというわけで…。

正直な話、こういう関係のモノって世間からのイメージよくないですからねぇ、
行き過ぎた書き立て方で自分達の首を絞めることになったらどうするんでしょうか。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

サポート死すとも、ドリキャス死せず。 

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070821_dreamcast/
ドリームキャスト滅びず、新作タイトルがまだ出ることが判明(GIGAZINE/2007年8月21日付)

今年も春先に2本の新作がリリースされて話題になったDCですが、
既に来年の新作が発表されているという事で…こいつは気が早い。

ただ、過去2年間にリリースされたソフトはいずれもシューティングなわけで、
今回発表になった4人対戦のパズルゲームは…売れるだろうかねぇ…。


余談ですが、2005年リリースの「ラジルギ」はPS2とGCに移植されましたが、
GC版の方が評判がいいようで、財布に余裕があればやってみようかと…。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

田舎をなめるなよ。 

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1021043.html
“生活保護受給者の自家用車所有、認めるべき” 住民グループが熊本市に申し入れ(痛いニュース(ノ∀`)/2007年8月22日付)
http://d.hatena.ne.jp/toronei/20070822/F
“生活保護受給者の自家用車所有、認めるべき” 住民グループが熊本市に申し入れ:痛いニュース(ノ∀`)(昨日の風はどんなのだっけ?/2007年8月22日付)
http://www.misao.gr.jp/~koshian/?20070822S1
「田舎じゃ車が必需品」はどれだけ本当なのか(狐の王国/2007年8月22日付)

根室の片田舎で酪農家見習いやってる私から言わせてもらうと、
田舎で車の無い生活なんてとてもじゃないけど、考えられないですよ、ホントに。

今回に関しては、痛いニュースに載ってるコメントには全く賛同できないですね。
生活保護から脱する手段としての車所有についての事を言ってるのだと思うんですけど、
それを認めないという事は、"一生生活保護でいろ"って言うのと同じじゃないですかね。
日テレの「NNNドキュメント」で、生活保護に関する特集を見た事があるんですけど、
アレはきつかったですねぇ…本当に"生かされてる"っていう感じの生活水準しかなくて…。
アレを見た後だと、生活保護をたいそうなシロモノだと思ってる人の存在が信じられないですね…。

記事コメント465番に、最初の2行で書いたような事に対して、
"昔はどーやって生活してたワケ?"なんつーのがありますが、
昔は結構な田舎の方でもしっかりと電車とかが走ってたわけですよ。
それが…おそらく国鉄からJRに変わった後とかでしょうか、
車が普及するのに反比例して田舎の方の路線がどんどん削減されていって、
現在の"車が無きゃ生活できない"という状況を生んだのではないでしょうかね。
私の住んでる地域一帯でも、20年ぐらい前に殆どが廃止されましたし。
正直言って、このコメントは野暮だと思いますね…今の話してんだから。

「はてなブックマーク」で、痛いニュースの記事に対する反論が凄いことになっております。
かなりの方々が言ってますけども、都会の論理で語れる話題じゃないですよね、コレは。
"だったら一回住んでみろよ"って言いたくなりましたね。ホントに大変ですよ。


ちなみにウチは、

最寄のコンビニまで2km、

最寄のデパートまで20km、

最寄の空港まで30km、

最寄の駅まで70kmあります。

Category: 世の中

tb 0 : cm 0   

萌える前に燃えたらしいよ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070822-00000929-san-soci
 「プリキュア」鉛筆けずり発火、2万台自主回収(産経新聞/2007年8月22日付)

まぁ、妙な事でニュースになってしまいましたねぇ…って感じ。
初代の頃に出た商品でこういう事故が起きたわけですが、
もしコレが2代目の頃に出た商品だったら…いや、それは考えんとこ。

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

音話。(1) - 野狐禅「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」 

http://d.hatena.ne.jp/Sugaya/20070821/1187700527
 『自殺志願者が線路に飛び込むスピード』(NOT FOUND -演芸妄想ノート-/2007年8月21日付)

何故かは知らないが、菅家さんの取り上げるミュージシャン達を、
意外と通ってきてるというか、趣向が似てるのかなぁ…とか思ってしまう。
たま」しかり、「サンボマスター」しかり。

で、「野狐禅」である。
メジャーデビュー作品であったこの曲のタイトルもインパクト大で凄いけど、
私が一番最初にこの曲を聴いたのはフジテレビ「HEY!HEY!HEY!」で、
Vo.竹原ピストルがその芸名についてダウンタウンの二人に突っ込まれたり、
二人に乗せられた結果、当時の月収(130,000円)を全国ネットで言ってしまい、
Key.浜埜広哉の給料が竹原より3,000円少ない(127,000円)事が発覚したり、
そういったトーク部分での印象も、曲と同時に強烈に残ってるわけで。

この曲、タイトルのインパクトが凄いという事で目立ちはするんですけど、
その分、ここだけ抽出されて内容を誤解されたりもするんですね。
菅家さんの記事の方で、YouTubeに載ってるこの曲のPVがあるので、
実際にそちらで聴いていただきたいんですけれども、このタイトルって…、
結局"モノの例え"なんですよね。速さを例える所に一番激しい表現を持ってきたという。

曲の最後の方、このタイトルを力いっぱい連呼する場面がありまして、
その直後、本当に曲の〆の部分で竹原がポロっと漏らす一言が、
多分、この曲の本質を表してるんだと思います。
…まぁ、向こうの記事におもいっきり書いてあるんですけどね。

「自殺志願者が線路に飛び込むスピードで、生きて行こうと思うんです」と。

そういえば、これの前にライブ映像と音源を収録した、
500円のDVD+CDがあったんですけど…Amazonで9倍近い値段になってました。

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

コレ、絶対ターゲット子供じゃないよね。 

アクションフィギュアコレクション Yes!プリキュア5 キュアドリーム
来月末にリリースされるキュアドリームのアクションフィギュアなんですが…、
コレ、絶対子供向けちゃうやろ。

というか、「アクションフィギュアコレクション」シリーズとして出てる時点で、
どう考えても子供向けでは無いんですけどね、値段的にもラインナップ的にも。
「ガンダムSEED」や「灼眼のシャナ」「ToHeart2」「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、
そういうラインナップの中でコレを出してくるという事は、絶対あの層向けですって。

一応、商品検索してみたところでは、このシリーズの中では安いほうみたいですが、
それでも10,000円超えてるわけですから、子供向けとはとても思えない…。
しかも、
既に毎月リリース決定してますし。
(10月にキュアレモネード、11月にキュアアクアが出るそうです)

あの層の皆さん…お財布、大丈夫ですか?

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

配信の利点が伝わってないという事なのか。 

今年2月に配信限定で発表されたYMO「RYDEEN79/07」が、明日、
HASYMO名義で「RESCUE」との両A面でリリースされるのですが、
これについてAmazon.co.jpで不満の声が上がっているようで…。

どういう事かというと、"結局CDで出すのなら配信の意味が無い"、
"音質の劣るものを先に出して、後からCDを出すのはいかがなものか"という、
配信に対しての批判…という感じの発言がかなりありまして。

あまりこういう話題は好きではないんですけれども、それでも言うと、
配信で購入した人は、CDで購入した人よりもはるかに早くそれを楽しめるし、
CDと比べたら相当安い値段(iTunesなら200円)で提供されてるのもあって、
そこで愚痴愚痴言うのもどうだかなぁ…っていうのがありますねぇ。

よく、"音楽配信がCDを圧倒して主流になっていく"という予想を聞くんですけど、
この状況を見る限りでは…まだまだその可能性は低いかもしれませんねぇ…。


 

Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

吉野の件で来る人が結構いるみたいなんで。 

昨日の風はどんなのだっけ?」からの情報。

http://www.j-cast.com/2007/08/16010408.html
「ヒロイン演じたい」といっただけで 吉野紗香ブログ「複雑炎上」(J-CASTニュース/2007年8月16日付)

日計hit数が妙な事になっていたと思ったら、こういう事でした。

先日の記事を書いた後にも、チョロチョロと話題が入ってきたのですが、
今回の吉野の件で、吉野のblogに突撃して炎上させた人の中に、
かなりの人数の夏厨が含まれてるんじゃないかという推測もありまして。

私がこの件を知るキッカケになった、菅家さんの記事の追記部分で、
"ファンタジーの話ですけど"と締める形で書いているんですけれども…、
やっぱりこういう時期ですし、"嘘を嘘と見抜けない人には…"でおなじみの、
2chからソースを獲得してるblogから発信されていったわけですし、
ファンタジーじゃない可能性も結構膨らんでるんじゃないですかねぇ。

何はともあれ、この件で吉野が前向きに対応してることに安心しました。

http://d.hatena.ne.jp/Sugaya/20070814/1187073233
アニオタの一分(NOT FOUND -演芸妄想ノート-/2007年8月14日付)

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0   

8月19日の更新。 

・「ゲーム業界お絵かきロジックの旅」更新
書き途中の記事が溜まっております…一気に書き上げないとキツイです。
10月末に発売予定の「イラストロジックDS+からふるロジック」のページを、
とりあえず作っておきました、現在は「ファミ通.com」の記事へのリンクがあります。

今の所、「ハテナサテナ」の記事が書き途中です、非常に長くなる予想…。
また「ピクロスDS」と「お絵かきパズルバトル!勇者王ガオガイガー編」をプレイ中、
どちらも相当なボリュームなのでまだやりつくしておりません…というか、
2人以上でプレイするモードはどうやってレビューすれば…。

Category: 報告(Web更新・その他)

tb 0 : cm 0   

これなら潰されても安心ですね。 

070816_2103~01.jpg 070816_2107~01.jpg

Category: 日記・雑記

tb 0 : cm 0