FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

音話。(1) - 野狐禅「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」 

http://d.hatena.ne.jp/Sugaya/20070821/1187700527
 『自殺志願者が線路に飛び込むスピード』(NOT FOUND -演芸妄想ノート-/2007年8月21日付)

何故かは知らないが、菅家さんの取り上げるミュージシャン達を、
意外と通ってきてるというか、趣向が似てるのかなぁ…とか思ってしまう。
たま」しかり、「サンボマスター」しかり。

で、「野狐禅」である。
メジャーデビュー作品であったこの曲のタイトルもインパクト大で凄いけど、
私が一番最初にこの曲を聴いたのはフジテレビ「HEY!HEY!HEY!」で、
Vo.竹原ピストルがその芸名についてダウンタウンの二人に突っ込まれたり、
二人に乗せられた結果、当時の月収(130,000円)を全国ネットで言ってしまい、
Key.浜埜広哉の給料が竹原より3,000円少ない(127,000円)事が発覚したり、
そういったトーク部分での印象も、曲と同時に強烈に残ってるわけで。

この曲、タイトルのインパクトが凄いという事で目立ちはするんですけど、
その分、ここだけ抽出されて内容を誤解されたりもするんですね。
菅家さんの記事の方で、YouTubeに載ってるこの曲のPVがあるので、
実際にそちらで聴いていただきたいんですけれども、このタイトルって…、
結局"モノの例え"なんですよね。速さを例える所に一番激しい表現を持ってきたという。

曲の最後の方、このタイトルを力いっぱい連呼する場面がありまして、
その直後、本当に曲の〆の部分で竹原がポロっと漏らす一言が、
多分、この曲の本質を表してるんだと思います。
…まぁ、向こうの記事におもいっきり書いてあるんですけどね。

「自殺志願者が線路に飛び込むスピードで、生きて行こうと思うんです」と。

そういえば、これの前にライブ映像と音源を収録した、
500円のDVD+CDがあったんですけど…Amazonで9倍近い値段になってました。

スポンサーサイト



Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

コレ、絶対ターゲット子供じゃないよね。 

アクションフィギュアコレクション Yes!プリキュア5 キュアドリーム
来月末にリリースされるキュアドリームのアクションフィギュアなんですが…、
コレ、絶対子供向けちゃうやろ。

というか、「アクションフィギュアコレクション」シリーズとして出てる時点で、
どう考えても子供向けでは無いんですけどね、値段的にもラインナップ的にも。
「ガンダムSEED」や「灼眼のシャナ」「ToHeart2」「涼宮ハルヒの憂鬱」とか、
そういうラインナップの中でコレを出してくるという事は、絶対あの層向けですって。

一応、商品検索してみたところでは、このシリーズの中では安いほうみたいですが、
それでも10,000円超えてるわけですから、子供向けとはとても思えない…。
しかも、
既に毎月リリース決定してますし。
(10月にキュアレモネード、11月にキュアアクアが出るそうです)

あの層の皆さん…お財布、大丈夫ですか?

Category: 漫画・アニメ

tb 0 : cm 0