FC2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

お上の構想は妄想ばかり 

http://d.hatena.ne.jp/face_urbansoul/20040908#p1

facethemusic:輸入規制、来年1月から始まる最悪の事態(2004年9月8日)

聞く耳を持たない人というのは意外と多く、

私が昔関わっていた人物にそういう人がいました。

 

その彼は、自分が正しいと思った事に関しては、

たとえ他人に迷惑がかかる事でも決して止めようとはせず、

自分の考えにそぐわない人物や、説得させようとしてる者に対して、

"これが俺のやり方なんだ"と言い放って耳も貸しません。

 

全員がこういうタイプの人では無いでしょうけれども、

世の中のお上の方々は意外とそういう人が多いみたいですね。

 

今回のfacethemusicの記事に関しては、

いささか難しい話題なので、よくわからない部分もあるのですが、

後半部分の1ヶ所だけ、とても引っかかる部分があったので、

ちょっとそこについて触れてみようかと。

整備が全く出来ていないということは、だったら何故にあそこまで躍起になって問題だらけの法案を押し通したかという疑問にもなりますし(法案を通せばこっちのもの、とでも思っていたのなら言語道断です)、輸入CDの完全規制をするため今は法案整備をせず時が来て「整備が間に合わないから税関で全部輸入盤を止めて」となることを日本レコード協会やレコード会社等が待っているのか、という極端に穿った想像も否定できません。

facethemusic「輸入規制、来年1月から始まる最悪の事態」より抜粋

この赤い部分、日本国憲法の形式を逆手に取った嫌らしい手口ですね。

 

憲法には「軟式」と「硬式」*1の2種類があって、

日本国憲法というのは「硬式」憲法に当たるんですね。

硬式の憲法は、内容を変更するのにやたらと労力がかかるらしく、

一定以上の国会議員の支持と、国民投票での一定以上の支持がなければ、

憲法内容を変更できないというものだと教えられました。

そしてこの変更作業は、日本国憲法が出来てから50年以上経ったものの、

1度たりとも用いられた事が無いというものらしいんです。

 

「変えるのが難しい」、こういう形式から生まれてしまったのが、

"通してしまえばこっちのもの"という手口だと思われます。

あまりにも変更する方法が少ない事もありますからね。

 

それに…私、ずっと思っていたのですが、

こういう法案を持ってくるお上の方々は、大概の場合、

希望的観測しか持ち合わせていない気がするんですね。

 

ちょうどこの輸入権と時を同じくして成立した、

年金法案のあの出来事を憶えてらっしゃるでしょうか。

「将来、出生率はよくなるから」と言っておきながら、

可決後1週間で、出生率が過去最悪を記録したあの出来事。

 

法案を提出する側は、失敗した場合の想定を全くしていない、

というか、失敗するはずは無いと、タカをくくってるのでしょうか、

失敗しないという根拠が何処にあるのかもわからないのに、

よくそんなことを言えるなと思ってしまいます。

 

輸入権は来年の元日からの施行です。

このfacethemusicの記事によると、施行まで4ヶ月を切っているのに、

未だに整備や準備が進んでいないというやばい状況にあるようです。*2

 

このままでは良くない方向に進んでしまうのは目に見えていますが、

本当にこの問題、どうなってしまうのでしょうか…?

*1:たしかそんな感じのものだったと思う。

*2:この状態のままだと、中身も見ずに全部止められる可能性もある。

関連記事
スポンサーサイト



Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhk647.blog.fc2.com/tb.php/1348-755dac3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)