FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

企画モノを批判する人達の意見がありきたりな件について。 

羞恥心 羞恥心
羞恥心 島田紳助


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

企画モノを愛好するようになって早10年、こういったものが世間を騒がせる度に、
ほぼ毎回気にかかることが…、何故企画モノ批判はいつも同じような内容なのか。
過去にも色々と見てきたのだが、そういう人達は褒める時はあーだこーだ言えるのに、
けなす時になると途端に口数が少なくなって、ありきたりな事しか言わなくなる。

嫌いなものへの意見が難しいのは、blogやってる身としてはよくわかるけれども、
だからと言って、Amazonレビューのアレはちょっと適当過ぎないだろうか。
批判的な意見も、書き方によってはきちんと向き合ってくれる人もいると思うのだが、
Amazonレビューの、特に1つ星評価の意見などは、どうも書き捨てにしか見えず、
単にやってくる人の気分を害そうとしてるように感じてしまうことが多々あるわけで。
これが2chなどのように、同じような意見が集まりやすい場所だったらいいけれども、
Amazonのような多種多様な人達が集まってくる場所で、あの投げっぷりはどうだ…。

姿勢批判ばかりではアレなので、最後に企画モノにありがちな批判パターンをいくつか。

<ありがち批判パターン>
・TVの力に頼っている

 →テレビ番組発の企画モノは大体こう言われる。音楽番組にガンガン出演しているミュージシャンには何故か使われない。
・楽曲のクオリティが低い
 →おそらく自分の中のイメージから連想される思い込み。企画モノでなくともクオリティの高い低いは当然ある。
・歌唱力が無い
 →歌が本職じゃない人に対してよく使われる。歌唱力の無さを自分達でネタにしている人にもわざわざ言う。
・本気で音楽やってる人に失礼
 →ミュージシャンをあまりにも神格化しすぎた結果、行き着いてしまう意見。
関連記事
スポンサーサイト



Category: 音楽(全般)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhk647.blog.fc2.com/tb.php/2886-9082c554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)