FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

美空惑星放送協會III

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

「新・伝説のクソゲー大決戦」 - テンションだけでは勝てません。 

MONDO21「新・伝説のクソゲー大決戦」11月12日放送(#1)


昨年11月の単発特番を経て、ようやくレギュラー放送が始まりました。
前回は1時間枠で7本のソフトを紹介して優勝を決める形式でしたが、
レギュラー放送は30分枠なので、1対1の対決に変更になった模様。

<本日のラインナップ>
Theかれー王「ドラゴンニンジャ」 VS スパローズ「ミシシッピー殺人事件」

<紹介動画>

前回、「シャドウゲイト」を紹介して優勝を手にしたスパローズ(森田・大和)に、
ゲームショップ経営者の顔を持つカレー通芸人・Theかれー王が挑む…のですが、
レギュラー放送になった事により、1本のソフトを紹介する時間が延びたために、
ハイテンションで勢い任せのかれー王のプレゼンがグズグズに終わり、
要点をしっかりと押さえ、所々にゲームへのツッコミや経験談を織り交ぜた、
スパローズのプレゼンが冴え、結局かれー王の惨敗という結果に。

まぁ、最大の原因は"「ドラゴンニンジャ」はクソゲーではなかった"という点かもしれませんが…。

<Theかれー王による「ドラゴンニンジャ」のツッコミどころ>
・大統領を誘拐したのは"正体不明の敵"との事だが、名前が完全に判っている。
・実は「ドラゴンニンジャ」は敵の名前である。
・主人公がステージのボスを倒すと「アッバー!」という雄たけびを上げる。
・ドラゴンニンジャ本人にドラゴン的要素はない。むしろ鬼に似ている。
・ドラゴンニンジャは自前のヘリコプターの外につかまって出てくるが、
 機体に謎の「EIICHI」という文字がある。かれー王よりドラゴンニンジャの本名説が提唱される。
誘拐された大統領がドラゴンニンジャのヘリを操縦していた疑惑。
・ラスボスを倒した際だけ、何故か主人公が雄たけびを上げない。(大統領に配慮した?)

<スパローズによる「ミシシッピー殺人事件」のツッコミどころ>
・相棒がワトソンなのに主人公の探偵はチャールズ。
・オープニングに誤字がある。(げんきずける)
・1号室の入り口に即死の落とし穴が仕掛けられており、落ちるとゲームオーバー。
・とある部屋に入ると何故かナイフが飛んできてゲームオーバー。
 この時点で、殺人事件が起きる前に主人公が既に2回死んでいる。
・大和「人の死って喜んじゃいけないんですけど、この時ばかりは"やっと死んでくれた!"と…」。
・「さがす」コマンドで発見が無いと、殺人事件の現場であろうと「めにつくものはない」と出る。
・捜査の為にほかの部屋に入ると、また落とし穴が仕掛けられている。
・30近くある客室の中で、一切何のイベントも無い部屋が4つある。
・自室(3号室)の棚は持ちきれなくなったアイテムを置けるが、実は持ちきれなくなる事が無い。
・「告発」は1回しか使えず、証拠不十分だとゲームオーバーになり最初から。
・セーブ機能は無い。
・ディジーはテーラー曰く「売春婦」。小学生でもわかるようにひらがなで"ばいしゅんふ"。
・カーターは有名な判事(裁判官)だが、大酒飲みで評判が悪い。
・ネルソンはこの船の船長。大和「悪魔の船を作った男です」。
・ウィリアムはボランティア活動を行っているが、周りの人からの評価は「偽善者」。
・犯人は父から土地の権利書を奪った敵討ちの為に殺人を犯したという重い内容。
・事件を解決したのに探偵の方が徹底的に非難されて、後味の悪いままゲームクリア。

ドラゴンニンジャ ドラゴンニンジャ

ナムコ 1989-07-14

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミシシッピー殺人事件 ミシシッピー殺人事件

ジャレコ 1986-10-31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト



Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhk647.blog.fc2.com/tb.php/3223-7989d796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)