09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

「ブクログ」で2014年12月中旬に書いたレビューをまとめて紹介するだけの記事。  

ブクログ
  • ニンテンドーダウンロードストアバーチャルコンソールのラインナップが、11月13日を最後に更新されてないんですよね。ちょうどキャンペーンが終わったタイミングで一気に追加したからなのかもしれませんが、最新の配信が5月で止まっている3DS版はともかくとして、現在も週に5作品ほど追加されているWiiU版については、徐々に不便になってきてます。
  • しかし、WiiU版も3DS版も、えらいラインナップをクリスマスにぶつけてきたなぁ…。特にWiiU版。

いわゆる「参加型お笑いサイト」で行われている大喜利の傑作選的な一冊。2001年出版なので、ここに掲載されているサイトの中には、もしかしたら…っていうのもあるので、そこはご注意。

シンプルに大喜利のお題といくつかの回答が載っているという構成なので、気軽に読める感じになってます。

1995年発売の、それまでは雑誌などで行われていたお絵かきロジックを、ゲーム化した最初の作品。ゲームボーイというハードの制約もあると思いますが、収録されている問題は5×5から15×15という手軽なサイズまでなので、そこまで難易度は高くないかと。

最初期の作品なので、ルール説明もしっかりしていますし、お手付き制度があるので、塗り間違えた事に気付けるのは、初心者への配慮が効いているな、と。

著者 : Yセツ王
Pヴァインレコード
発売日 : 2000-04-25
YMOのコピーバンド・Yセツ王の1st。基本的にはオリジナルに寄せているのですが、所々に名は体を表すの如く、猥褻な表現が紛れ込んでいるのが特徴。よーく見ると、ジャケット写真に描かれているイラストも、全部そういう類のものに。

収録楽曲は「YELLOW MAGIC ORCHESTRA(国内版)」を中心に「増殖」を混ぜたようなラインナップ。他のアーティストのカバーや、本家がアルバムに収録していない楽曲のカバーもあるなど、なかなか面白い感じに。

前回の最後で一旦電子書籍の話題に区切りがついたので、これ以降どう続けていくのだろうと思っていたのですが、今回はスマホゲームについての話題に。

ファミ通に連載を持っていた頃からこうした取材を続けているだけに、所々にその当時聞いたエピソードを挟みながらも、前回同様かなり詳細に書かれている部分が多く、読みごたえは抜群。

(3DSクラシックス版のレビューと同内容です)
1993年発売の「星のカービィ」シリーズ第2弾。

この作品から、今やすっかりお馴染みとなった"コピー能力"が登場します。現行の作品にも登場する能力から、これっきりになってしまった能力まで、かなりの種類があるので、色々な楽しみ方が出来ると思います。

アクションゲームとしては、空を飛ぶことが出来るのもあって、だいぶ難易度は抑えられているので、そこまでまだアクション慣れしていない人でも、何回かやっていけばクリアできるんじゃないでしょうか。ただし、現行の作品と空を飛ぶ方法が違うので、そこは注意。

さすがにこのサイズだと顔は若干厳しいですが、それ以外はまぁまぁいい感じです。

1991年発売の、ヨッシーをメインに据えた落ちものパズルゲーム。派手さはそれほどでもありませんが、堅実な作りで長く楽しめます。

キャラを消していくだけではたいして得点にならないので、たまごで挟んでヨッシーを誕生させるのがメインになるのですが、最初はともかく、落下速度が上がってくるとデカい手は組めなくなるし、キャラを消すのさえ大変になってくるので、どこまで踏ん張れるかが腕の見せ所かと。

1999年発売のパズルゲーム。キャラのブロックはたった2個並べただけで消せるので、簡単な連鎖ならすぐに作れますし、連鎖すると降ってくる星も、無造作に積んであるブロックに挟まって結構連鎖してくれたりするので、始めたばかりでもすんなりのめり込めるんじゃないかなー、と。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 紹介

Tag: 音楽  漫画  ゲーム  WiiU  3DS  SFC  FC  GB 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhk647.blog.fc2.com/tb.php/3409-159817d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)