07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

美空惑星放送協會

ニコニコ生放送を拠点に好奇心のみを頼りにして生きている男の日常。

 

「ブクログ」レビュー作品別まとめ。(1) - 鈴木みそ「ナナのリテラシー」(KADOKAWA/エンターブレイン・全3巻) 

ブクログ
  • 元々は、3巻のレビューを書いた6月16日に投稿しようと思ったら、いつもの調子でズルズルと先延ばししまくって、結局この有様さ!
  • ルポ漫画で現在のポジションを築いたみそ先生だけあって、情報量も多いし細かいんだけど、漫画という形式をとっているがゆえに、結構スーッと読めるんですよね。実際、この後にまとめて載せたレビューでも、毎回この辺の事書いてますからね。(^^;)
  • で、こうして並べてみると、レビュー内容の熱量がロコツに違うというか。実の所、読み終わった当日に書いたレビューは3巻だけで、1巻と2巻はちょっと経ってから書いたんですよね。っていうか、1巻読み終わった頃はまだブクログに来てませんからねぇ。こんなにわかりやすく差が出るか…と。


みそ先生が実際に行った"電子書籍の個人出版"への道程を、フィクションの物語に乗せて展開する第1巻。とにかく、かなり詳細に書いてあるので、フツーに漫画として読むだけでなくて、それこそ自分も個人出版やってみようと思ってる人への参考にもなるんじゃないか…と。

個人的には、編集長による版権モノについての発言の部分がなかなか生々しく感じてね…。ちょうど某社のアレが勃発した時期に読んだもんで。

前回の最後で一旦電子書籍の話題に区切りがついたので、これ以降どう続けていくのだろうと思っていたのですが、今回はスマホゲームについての話題に。

ファミ通に連載を持っていた頃からこうした取材を続けているだけに、所々にその当時聞いたエピソードを挟みながらも、前回同様かなり詳細に書かれている部分が多く、読みごたえは抜群。

単刀直入に言うと、いい意味で期待を裏切られたって感じでしょうか。第2巻のラストの煽り文で、てっきりまた電子書籍に関する話でガッツリ行くのかな…と思っていら、途中からまさか表現規制についての話題が絡んでくるとは…。

ルポ漫画で現在の地位を確立したみそ先生だけあって、表現規制に関する記述の一つ一つがかなりしっかり書かれていて、そういう手法が得意だというのは当然存じ上げておりましたが、それでも、ここまでやりますか…と、驚いてしましました。

最終話のあの展開…なんだか見覚えがあるというか。一番左に映ってる人、次の新刊(みそ先生のnoteで第一話公開中)にはっきりと出ているあの人ですよね、おそらく。(^^;)
そこも、なかなか気になる所でした。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 紹介

Thread: オススメ商品紹介

Janre: アフィリエイト

Tag: 漫画  鈴木みそ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhk647.blog.fc2.com/tb.php/3587-42faaec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)